電話占いの聖庵ブログ

電話占いですが霊媒霊能体質で祓って体調を即座に改善するのが得意です。占い越えて恋愛相談を視てると生霊が裏側に隠れてたり・・開運術へGO! 密教パワー

カレンダー

2012年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別アーカイブ

最近の記事

RSS FEED

悩み相談SOSの優良カウンセラー

誕生前の記憶

1年程前までは 両親の介護で毎日ヘルパーさんに来てもらってた。
毎日朝9時から夕方5時迄なので 週に3人が実家に出入りしてた。

なかなか帰省できない私にとっては、彼女たちは有難くも心強い存在。

正月やGWやお盆などの世間が休暇となる時の帰省は、義務か仕事になった。
本音は..体調悪くても 這ってでも帰るのは、
「後の祭り」で後悔したくない私自身の為なんだけど。

母が あの世とこの世の境界線に立たされた7月23日…の丁度1ヶ月程前。

去年の今頃だった。
週1~2回やってくるMさんとの顔合せもまだ2回目で人見知りな私にしては珍しい事だけど、コチラに戻る日、何故か..そのMさんと行人塚へ。

帰省すれば必ず、花や線香に水を持ち..菩提樹ノ珠108個の長い数珠を首からさげ、
即身仏した御先祖様の御魂を入れたスカルの水晶を抱えて、行人塚へ挨拶に行くのが、遠方に住む私の慣わしになっている。

Mさんが何を感じたのか、その時はまるで?_? だったけど..「一緒に行きます」と言われて拒む必要もなく、そのまま2人で行った。

行けばいつも通りに、お線香つけ..真言を声高に唱えながら 数珠を振り回し~の、何気に..いつも通りの我流の儀式をしていたら…あらまぁ! 「なじぇ?」…
斜め後ろで彼女も真似て立ったり座ったりしてた。

しかも とても神妙な面持ちで (却って気になり 気が散るょ)。
..軽く考えれば他人家の古い墓なわけで、熱心に私がやるのは当たり前としても、
幸せな家庭を築いてる34歳のMさんが「何故..真剣なのぉ?」 ..って感じw

その直後に、自動口述が始まっちゃった。

「Mさんは、8歳になる娘さんが言ってる事を信じてあげないでしょ?! 聞くフリして
実は聞き流しているのを娘さんは知ってるの。
『ママは忙しいから仕方ないよね? 我慢する。言っても信じてくれない。
あたしの事を嘘つきみたいに時々ママが言うのが嫌だ』 ってコレ魂のSOSだよ。誕生前の事も言ってるから、しっかりと聞いてあげて。聞き流しは即見抜かれて..娘さんの心が傷ついてるょ。パパよりママが大好きなんだもの」etc

そんなこんなを1時間もクドクドとMさんに話していたら…泣かれた(T.T)

「悲しくも辛くもないのに涙が止まらない」 と言いながら手を合わす彼女。
樹齢400歳の欅の木にペタリともたれて 道行く人から隠れてたのは私。

「娘が物心ついてから ずっと同じ事を言ってたのに…私はパパにも話してなんて突き放してたかも」 から始まり…

更に…子いわく…
『生まれる為に、お腹にあかちゃんのいる人を探して..最初に見つけた女の人は お化粧をパッチリとしてる人だったけど、その人のお腹にはほかの子が入ってて…早くしなきゃ! って慌てて探したら、髪の長い女の人が待ってたから、スッ~と飛び込んだの。それがママだったの。ママとは違う人生でも一緒だったって お腹の中でもう1度教えてもらった』

あらかた こんな内容の事でそこに前世の記憶が少し追加されてたが、
仕事だ、生活費だーと現実100%重視の生活の中で 何年も愛娘の話を、
イソップ童話か都市伝説か妄想癖のように捉えていたと、また泣かれ..挙句が
「その内にこの子も妙な事は言わなくなるだろうから」 と真逆な楽観思想でいたらしい。(うちの子は夢みたいな事を言ってぇ! もう~)と。

娘さんの魂(?!)が
「あたし段々忘れてってる気がする。ママに教えたい事いっぱいあったのに」と。

Mさんを、400年祭祀後の行人塚まで来させたのって、
もしかしたら、いよいよ切羽詰った娘さんの守護様かしら?
とさえ思ってしまった。

誕生前の記憶が8年間も薄れずにあったのは、娘さんの強い意思かも。
だけど、何故? 頑なに持ちこたえたのかな?

知るか知らないかで母娘2人の未来が
…時間軸のズレで異なるとこだったのかも。

間に合ったのかどうかも、
その時が訪れていない今は、まだ解らないけど。









Copyright (C) 2015 電話占いの聖庵 All Rights Reserved.