電話占いの聖庵ブログ

電話占いですが霊媒霊能体質で祓って体調を即座に改善するのが得意です。占い越えて恋愛相談を視てると生霊が裏側に隠れてたり・・開運術へGO! 密教パワー

カレンダー

2017年8月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別アーカイブ

最近の記事

RSS FEED

悩み相談SOSの優良カウンセラー

体と心と魂と。ICUまさかな会話

3月12日 午前3時過ぎに、弟から電話が入り
父の容体が急変した ! 今 病院に向かってる…
また電話する !

切れた携帯を、呆然としばらく握っていた。

透析用シャントを作る目的で数日入院すると
聞いていたが、
それは、命が危険に晒される質のものじゃない。

心を奮い立たせ祈祷を始め 2時間ほど経ったころ、
再び電話が鳴った。

「最悪の事態は凌いだ。今夜は、まぁ大丈夫だと思う。
けど、担当医の話では…..」
と、弟の話は続き、葬儀社も一応訪ねてみるよ ! で切電。

( 葬儀社って、それ、どういう意味なの ? )

思考回路が途切れた私は、目に止まった物を
次々とキャリーバッグに投げ込んで、飛び出した。

高崎駅に着くと弟が迎えに来ていた。
G大学附属病院のある前橋まで、約40分。

車の中で経緯や状態など聞かされたが、
(それ絶対におかしい! 従うべきだ!!)
従えと直感が しきりと 訴え、受身的思考を手放す。

G大学附属病院に着き、ICUへ 駆けた。

父の口には人工呼吸器が繋がり、
肝心の意識は、明晰ではないが、ある。
生体エネルギーが2ヶ月前と比べ、ひどく薄い。
(何故こんなことに? 何が隠されてるの? )

説明をと、担当医に呼ばれ、家族面談室へ。
医師と看護師2人に、私と弟、
取調室を連想させる息苦しい部屋で
話し合いという名目での〝宣告〟を
一方的に告知される破目に。

「お姉さんが来るまで もたせて欲しいと言われたので
処置しましたが、今すぐ亡くなっても不思議のない状況です」

「ご本人の生命力次第では、1週間生存もゼロとは言いませんが、
今夜心臓が止まる可能性が高いと思って下さい。ご高齢ですし」

「7年前の癌が再発し、全身に転移してます。誤嚥性肺炎もあり
感染症を併発して全臓器が機能不全に陥ってます。両肺に水が溜まって
いて、ご本人は海でおぼれてるような感じで、非常に苦しいんですよ」

と、レントゲン写真の説明も付加され、
とにかく ! 〝死が近い〟ことを連綿と説得されていた。

日本語は分かるから、耳では確かに聞いていたが、
別次元に意識を集中させると、何かが違う感覚に浸り

「そんなに苦しんでるなら、とにかく、肺の水を抜いて下さい。
今できるのは それだけでしょう ! ? 」

担当医のO医師は
「肺に太い針を刺すんですよ。
激痛が走って お父さんが苦しんでも平気なんですか ? 」

「どうせなら、楽に逝かせてあげる方法を考えるべきでは ? 」

「はぁ?  O先生、アナタが在籍するこの病院はホスピスですか ? 」

「そもそも激痛が走るなら当然 麻酔をするんでしょ?  それって、
例えれば、始終痛む虫歯でも 麻酔して抜歯すれば 楽になりますよね」

「抜歯の時に生じる痛みの有無は、歯科医の腕一本かと思いますが ?」

不快さを隠せない人なのか、O医師は投げやり口調で
「これが もしも、若い人なら、将来もあるし、そりゃ僕たちも
もっと必死になりますよ ! 人には寿命があるんですよ」

( 絶対に口にしてはいけない言葉じゃないのか ! 本心でも隠さなきゃ。
この医者は墓穴を掘ってるって気づかないのだろうか ? )

この時、自分の中の感情の変化に気づいた。
置き場のない悲しみは、怒りへと変わり、不信へと変貌した。

命を任せる相手は、この医者じゃなくて、もっと遥か違うナニカ。
漠然として名もないが、確実に在るエネルギーの源。そこにアクセス。

担当医O医師の個人的見解によれば、
「僕なら、苦しんで延命されるより、早く楽になりたいですけどね」

私は、「いざ その時にならなければ 分かり得ぬことです。意外と…
そう言ってた人が、足掻いて未成仏、なんて、結構視てきましたからね」

「仮に百歩譲ってアナタが そうだとしても、人間は、十人十色、千差万別
ですよ。医師免許を盾にしてもねぇ。人間力が乏しいというか、人間力って
解りますか ?  医学書の統計だけで 命を図れるって、本気で思ってます ? 」

O医師は語尾を強めて、当たり前な事を口にした。
「人間は、いつか必ず死ぬんです ! 家族は受け入れるしかないんです !! 」

そんな話し合い(?) が、来る日も来る日も続いた。
ICUのドアを入ると、呼び出される。
アテにしていない医者の話に時間を取られたくなかったが。

私がこの病院でアテにしたものは、調えられた医療機器。

父の病床に付き添い、しなければならない事があるのに ! と、
時間を割かれることにイラつき、O医師の顔を見るたび「またか 」
と鬱陶しくなっていった。

ある日、Y看護師が 父を見ながら 呟いた独り言。
「不思議だわ…初めて見るわ。なぜ苦しくないのかしら ? 」

「なんのこと ? 何が初めてで不思議なの ? 」
と尋ねると
「人工呼吸器つけると、患者さんは ひどく苦しんで…暴れたりとか…
なので、点滴の中に睡眠剤や鎮痛剤を入れて苦痛を和らげるんだけど、
薬を入れてないのに、全然苦しそうじゃない。長年ここに務めてるけど
初めて見るわ。ICUで人工呼吸器はよく使うけど、笑顔でいる人って初 ! 」

O医師から 散々なほど聞かされていたため、
痛みを感知する場所は「 脳だ ! 」と、6~7のチャクラに意識を置き
苦痛の遮断をイメージしながら エネルギーを注いでいたが…
内心「本当に ? 」だった。

危篤と “今夜死ぬ”宣告の日から、10日以上経っても
担当医O医師の呼び出しは続いた。

この日は看護師が4人、斜め左右から 吸いつくような眼。
ドア側に座ろうとしたら、1人の若い看護師が立ちはだかり
奥へと背を押され、まるで包囲網か奇襲作戦のような。

「ご家族としては、どうなさりたいんですかね ? 」で始まり、

「安定してきてるように見えても、一過性かと。癌もあるんですよ。
肺の水も毎日抜いてますし、危険な状態には変わりないんですよ」

「ご本人は苦しいと思いますよ。提案なんですが、医療用麻薬と睡眠剤を
点滴に入れると楽に眠れます。CO2が発生して死に至るのも早まりますが
治らない病気でこれから苦しむより、楽に逝かせてあげたら如何ですか ? 」

「この椅子の位置関係は…孫子の兵法でも 付け焼刃で読みました ? 」

「意識もはっきりしていて心臓も動いてるんのに ? わざわざ安楽死の真似を
しなくても、父本人が逝こうと決意したら、そこで心臓を停止させます。
そうなったら心臓マッサージも結構です。気管切開も致しません !! 」

「心臓を自らの意思で止めるなんて、そんな事はできないっ! 」と、O医師。

「それはアナタの乏しい統計学に他ならず。健康体ならムリでしょうけど、
生死の境にある今の父なら、できます。ご心配なく !!  ただねぇ、そうやって
洗脳するのは やめて貰えませんか ? 弟を洗脳してるようですが ? 」

「…お姉さんのほうとは、僕の価値観が合わないので」

「命の問題で価値観が合わないとは ?  命の遣り取りしてるつもりですか ? 」

「医者という仕事にアナタが就いて、ご両親はさぞかし喜ばれたでしょうが
それは単に、職業ってだけですよ。生か死かの選択ができる状態なら本人が
出すべきで、去るにも納得が必要だからです。父の決意なら私は尊重します」

「人間は、肉体だけで存在してるんじゃないんですよ。心があり、魂が主
なんですよ。体は器。だけど、この世で表現するには、必要な、魂の器なの」

「言い残した事を伝えきれなかったとしても、これだけ頑張ったんだから
逝っても悔いなしと 本人が感じられなかったら、死後に、孤独な場所に
留まってしまう…そうはさせたくないんです。父も理解した上で頑張ってます」

すると
20代前半と思しきドア近くを占拠した看護師が、
「じゃあ、私が聞いてみましょうか ? 」

「なにを ?  誰に何を聞くの ?」と 問えば、

「お父様に ! です」
「苦しみながら延命するか、早く楽になりたいか、今 聞いてきます」

「待ちなさい !
アナタ何言ってるの ? そう言われアッという間に亡くなった患者が過去に
たくさんいて、今じゃ法的に禁じられてるのを知らないの ?  」

「この場の空気も読めなかった ?
さすが、Oセンセ率いるメンバーだわね。というより、ミヤナガさん ?
アナタは看護師になっちゃいけない人よ。そんな人間が 寄りにも寄って
大学病院勤務なんて、恐ろしい実話だわ。被害者出す前に、辞めなさい ! 」

G大病院 看護師・ミヤナガを、この日、危険人物としてインプットした。
( 何があっても父のそばには近寄らせたくない )

密室での話とは裏腹に、父はつらいリハビリに励んでいた。

( なんで担当医がオーキなのよ。死を家族が承諾すれば…保身か !  医者は手を
抜ける。担当医のチェンジができたらマイナス波動を克せる。変わってよ !  )

3月も末近くなり、本当に 担当医が、O医師からS医師にチェーンジ ! 叶った。

O医師でなければ、この際、誰でもよかった。
S医師の人柄を知る術もない。ネガティブDrでなければ完璧だとさえ思った。

4月に入り、父はICUから個室へ移った。

O医師は後日、弟と病院玄関で顔を合わせた際、なぜか ? 「飛ばされた」と
口走ったらしいが、それこそ、不徳の致すところではないか。
人間力を磨くには楽してたら無理ゆえ、丁度よい、荒修行セクション。

まもなくして S医師グループの若いDrが病室に立ち 首をかしげ独り言のように呟く。

「医学の教科書にはない症例なんですょ。こういう事もあるんですね。
ICUにいた初期は確かに危なかったんですが。いつ治ったんだろう、消えてる」

「なくなってるんですよ、ガン。他の数値もよくなってるし。
人間の生命力って凄いですねぇ! 全力でサポートします」 と、言われ「えっ?」
聞き直してしまった。(なんなの ? この180°の温度差は ? 私は突然変われない)

3月、 ICUにいた20日間、
これでもかっ! ? とばかりに聞かされ続けてきた、〝死〟の宣告的一語は、
いつのまにか心のシミとなり、死後の世界を探索するまでになっていた。

「生きて、苦痛を味わうのが、いいんですか ? 」
嫌味な響きを伴い浴びせられてきた この言葉も、容易には私を離さないだろう。

父が透析の日は、私も透析室へ。
ベッドの耳元にスマホを置き、you Tubeから選んだオルゴール曲を流していた。

一日 7時間ほどを病院の父の傍らで過ごした。

十分ではない睡眠のせいか、疲労か、次第に居眠りも増えていくなか、
どこからか声を掛けられた気がして、ふと見上げた空に、虹が….
見ている内に、もう1つ、虹が現れた。

2つの虹が、浮き橋のように、青空を彩り目映い。
しばらく眺めてから、急に思い立ち、写メに収めてみた。



見惚れて撮ることを忘れるほど、
この日の虹は、神秘的で美しかった。

そういえば私、何日ここに通ってるの ? と数えてみたら、
49日目、だった。

数日前から、喉が痛み 熱が出て 食欲も失せ 咳込んでいた。
額に熱さまシート、口には2重のマスクして、這ってでもの勢い。

父が昼寝に入ったら読書と決めこみ、本を何冊か持参している。

この日のチョイスは、
エリザベス・キューブラ・ロス著/  死ぬ瞬間と死後の生。

大門 正幸著/  なぜ人は生まれ、そして死ぬのか。

レイモンド・ムーディ著 /  臨死共有体験。


過去世でも来世でもなく、本来の場所たる「中間生」は興味深く、
地球に誕生する前に、魂が存在していた故郷は、望むままの至福が満ちる天上界。

過酷な地球だから、学びも多く、使命を果たそうと青写真を描き、転生へと挑む魂。

もはや死は始まりとなり→中間生へ帰還→そして地球で事前に両親を選び 誕生する。
(泣きながら産まれる子供のように、も一度 生きるため泣いてきたのね。by中島みゆき)

成熟した魂なら、地球での人生は 最後の旅となり、帰還すれば至福の恍惚感だとか。


帰省50日目、今度は私の体が悲鳴をあげた。

熱は更に上がり ひどい咳に薬が全く効かない。焦る。
扁桃腺炎のようだった。自然治癒力を信じてホテルのベッドで一日眠った。

51日目。父の病室へ赴き、S医師を訪ねると
「先一週間の間での急変は考え難い。一度お戻りになったら如何ですか ? 」

実は、予定していたホテル連泊の先延ばしが難しくなっていた。
前橋のホテルは満室にならないと聞いてたが、どういう訳か ? 滞在中のホテルも
近辺のビジネスホテルも、どこへ電話しても、5/2から4日まで空室無し。

観光名所もなく、車がないと身動きが取れない上、赤城と高崎に挟まれ廃れいく町
というのが前橋のイメージ。なにもないところ、でホテル満室は想定外だった。

実家に戻る手もあったが、
「コレって、もしかして、一旦帰れってこと ? 」

直感に護られ、一日一日を過ごしてきた。
ICUで即答を求められた時は、思考が働く前に、直感で意図せず応えていた。

52日目。本物の病気になる前に…足手まといになる前にと、
後ろ髪を引かれながら自宅マンションに戻った。

「また、すぐに来るから、待っててね」 と父の耳元で約束して。

あれから一ヶ月が経とうとしている。
まだ、限りを尽くしたとは言い難く、足が重ければ 心も重くなる。


今週末の 6/3の土曜日から、一週間の予定(暫定)で、帰省する。


Copyright (C) 2015 電話占いの聖庵 All Rights Reserved.