電話占いの聖庵ブログ

電話占いですが霊媒霊能体質で祓って体調を即座に改善するのが得意です。占い越えて恋愛相談を視てると生霊が裏側に隠れてたり・・開運術へGO! 密教パワー

カレンダー

2015年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月別アーカイブ

最近の記事

RSS FEED

悩み相談SOSの優良カウンセラー

心霊ホテルに泊ったお客様by銀座時代

十数年程前…銀座でクラブ経営していた頃の実話。

0時以降は、予約を頂いていた常連様の占いをして
…気づけば朝6時 ! なんてことも珍しくなかった…そんな時代のこと。

お酒も入っての接待は、深夜23:45で終了。

0時を挟んで、ゴロリと雰囲気が替わり、
急ぎの鑑定を望む方々が入店されると ドアの鍵もガチャッ。密室を作る。

マリアージュフレールの紅茶とフルーツを用意したら
従業員は片腕一人残し帰宅…守秘義務遵守を目視できることが
当時の客層では絶対条件の一つで、行列なんて、とんでもない話。

いわゆる「対面鑑定」で、霊感霊視・お祓い・祈祷・大願成就etc…
店内で尽きない内容は、電話占いへと移行して、遣っていた。

世間で偉大だと仰がれる方々には、また、それ相応の悩みが、
いとまもなく相次いで起きる…が、悩みがあることさえ悟られてはならず、
皆さん「お忍び」で訪れる方々で、互いに深夜がベストだった。

そんな緊迫した空気を破って、
0時以降はダメだという「掟」を蹴散らして…Aさんから
店の電話にガンガン。鳴りやまぬ音にやむなく出ると、

「ママ、頼むから聞いてくれっ! ここ開けてくれーっ!! 」
ドアの外側にいるらしく、おびえた声は電話無用で響いてきた。

Aさんは関西から出張に来ていた某製薬会社の部長で
一時間ほど前に「定宿のホテルに行く」と、接待を終えて帰ったばかり。
(接待も上々に運びご満悦だったのに、わずか一時間でなんだろう?)

店内で対面鑑定…というより
スピリチュアル的コンサル&祈祷をしていた時に、
まさに、よりにもよって! (集中力が切れるじゃん) !!

医学界の大御所を奥まったL字型の席に待たせて、
怒りを隠した笑顔 で、ドアを開けた。

Aさんの顔を見るなり「ひぇーっ?」 …お顔がゾンビ。血の気がない。
ドアに近いカウンター席でグイッとお水一杯 飲んで、

「僕は、ボクは異次元に触れたらしいんだ。憑依してないか視てっ!」
「というより、お願い! すぐにお祓いして。頼むょ~~(涙声)」

大御所先生が死角になる席にいるとも知らずAさんは、
怒涛の如く恐怖体験をまくしたて始め…こうなると、もう、止まらない。

「予約いれずにKホテルに行ったんだ。それでいつも泊れたし…」
「今夜も満室だって言われて、寝られたらいいから先週の部屋でいいよ」
と言ったら妙な顔をされて、

「お客様? 当ホテルには、そのような客室はございませんが…」
と 逆に戸惑われて、
「先週の水曜日も僕はここに泊ったけど?」 と言うと…
パソコンで調べ始め…結果!!

Aさんが宿泊した形跡も残されてない上に 、Aさんが言うタイプの部屋は
「今のご時世でそのようなお部屋は….。どちらかの旅館では?」… と。

Aさんは酔うほどお酒を飲まない。頭の回転を温存する。
接待のための上京であり、冷静沈着な人だ。

そのAさんが繰り返し語る内容は、一貫していた。

先週の水曜日に会社近くのKホテルへ行くと
「本日は満室で申し訳ありません」と丁重に断られたが、
すでに深夜1時を超えていた。

朝一の新幹線で帰阪するから寝るだけだとフロントに告げ…
「この時間じゃ日比谷公園で寝るしかない」

「ここが満室なら、ほかのホテルを回っても空きはないでしょ?!」
押し問答の末に、Kホテルからの提案で

「お客様? 本当にお休みになれるだけでよろしいのでしょうか?」
と確認され、スーツ脱いでちょっと寝れたらありがたい ! …で
チェックインした。

野宿よりはマシだとは思うほど変わった部屋だったと、
Aさんはその部屋をシッカリと記憶していた。

広さは4畳半くらいの和室で、どこにも窓がなく、
布団が積み上げられ、まるで時代劇にでも出てくるような…
「言い方が悪いけど遊郭みたいな…女中部屋みたいな感じだった」…

「いまどき、こんな部屋もあるんだなぁ。まぁ寝てしまえば同じさ」と
2時間ほど休み、チェックアウト時には会社のカードで精算し、
朝一の新幹線に飛び乗って、車中で再び睡魔に誘われ…

奇妙な部屋のことは、以後、気になる事も思い出す事もなかった。

七日過ぎて、
同ホテルのフロントとの話に至るまでは、仕事に忙殺され、
疑問を抱くことすらなかった。

この夜、薄気味悪さを払拭したくて Aさんは、
Kホテルのフロントマンに〝先週泊った部屋〟まで行って確かめたいと
先週は確かに存在していた(はずの)、その謎の部屋まで…

引き戸のドアの前まで行かせてくれ ! と、半ば強引に歩いた。

しかし、その部屋に行き着くことは できなかった。
壁に立ち塞がれて…部屋にたどり着く前に、
行き止まりに突き当たった。

記憶では、この壁の向こうに、部屋があった !
それをフロントに言うと、

「歴史がありますので…昔はあったそうですが…塞いだと聞いてます」
と正直に応えられ、
フロントマンの顔が 心なしか青ざめているのを見てとると、
確かめるつもりが恐怖に一変して…

本能的に逃げてきた…というもの。
「何故なんだかね、ここに戻るしかないって。何が憑依してる?」

Aさんは戦々恐々「憑かれてる!」と思い込んでいたが、
実際は、なにも憑いてなかった。

憑依はない! と何度言っても納得しないAさんに、
「先週、ウチの店に来なかったからヤバイ経験しちゃったのねぇ」
キャハハ♪と笑って、おもしろかった! と言ったらムッとされたけどw

実質的な被害は何も蒙ってないんだから
「忘れるか、私みたいに慣れるかしちゃえば問題ないわぁ」
で、ようやくの納得を(?)不承不承してもらった。

してしまった経験を消すことは できないけど、
大した事じゃない ! と、メンタル強化ならお得意様への得意技(?)
そもそも「開運」てのは、そこから始まる。

Aさんの突入で、大御所先生の祈祷が大幅に遅れ、そっちが
よっぽど気になる!!…ところだったが、
さすが大御所様 ! …席に戻れば、クスクスと失笑モードだったらしい。

「いやいやぁ、お陰で緊張感が解れてきたよ」…と(笑)ww

そうなのだ!!  昔から常連様はこの手の話には、まるでビビらない。
…というか、現実問題が真剣に深刻なのだから
「生きてる人間の方が、慢心で何をやらかすか? よほど恐い!」 となる。

銀座なんて、生霊ビシバシッと、
情報と同じく電光石火で飛んでたっけ。
あれらも必要な経験だったと、今なら、思えるけど。。


Copyright (C) 2015 電話占いの聖庵 All Rights Reserved.