電話占いの聖庵ブログ

電話占いですが霊媒霊能体質で祓って体調を即座に改善するのが得意です。占い越えて恋愛相談を視てると生霊が裏側に隠れてたり・・開運術へGO! 密教パワー

カレンダー

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

月別アーカイブ

最近の記事

RSS FEED

悩み相談SOSの優良カウンセラー

占いの上は、お祓い開運

毎年のことながら、7,8月って霊障系のご相談が増えている。
日々、お祓いが続いている。

「 電話で出来るんですね !  」 と言われることも多いが、
だってぇ~ー! …お相手様が、霊…! という存在なら、遠隔で出来てコレ当然。

未成仏霊の浄霊供養だったり、生霊による体調不良だったり様々だけど。

ややこしいのは、亡くなったのが遥か昔だから、成仏しているはず !
と、この世の人は完璧に思い込んでいたら、故人本人が…


「 まだ生きている」 と、あがいて 「なんで無視されてんだ ? 」 と主張してきたり。

もともと生霊をドッカリ背負っている人には、シンドイ時期だろうなぁーと (冷汗)
道々歩きながら、ふと、すれ違う人に感じることがある。

お盆があるから ! ? っていうのもあるけど。

この時期って、どうも霊界とコチラの世界の扉が開きやすいようだ。
特に、去年あたりから その傾向が著しくなってきている。
もしかしたら、全開 !  かも ? …とさえ思ってしまう。

普段なら、飛ばしても わずかしか届かないはずの生霊でも、
パワー全開 (?) というか、思う存分というか ! ? で、ベタッ !  と憑りついて
グイグイとエネルギーを吸い取ってたり…
まるでガソリン泥棒に近いかな ? と。あるいは、
献血車からコッソリ盗む血液泥棒ってイメージが、ピタッとはまる。

お祓いは 90% が生霊で、故人の場合は説得してから光の中へと逝っていただく。

怨みや未練が激しく拒否されることもあるが、何とかカントカ説得を試みる。
まるで、交渉人。そして、こういうケースは時間もかかる。

なにげに軽い口調で書いているが、
最も厄介なのはーーー ! !

明らかに霊障を受けて、メンタルがボロボロなのに ( 乗っ取られてキツキツ)
次は体調の更なる悪化と、運気ダウンだというのにーーー !
それさえ解ろうとしない人が 時折おられる。 困る…アタシ。

なぜって、その人の状態を1度 自身の中に入れてから対処策を図るので
お祓いされたくない生霊の発信人は、電話中は私のなかにも居座って

「 祓うなよっ ! 」 とばかりに、攻撃してくるから。

コレって、まるで、喧嘩のような・・・

「 殴られても 蹴られても..踏みつけられてもーー !  我慢して耐えなさい ! ! 」
と、言われているようなものだから。

確かに電話が繋がっている間だけ耐えていれば、私への害は終わる事だけど
ソレって、…いったい、どうなのだろう ? と、不甲斐ない気分になる。

レイキ送って多少は楽になって頂けているかもしれないが、
根本的な解決へと向かったわけではなく、飽くまでも対処療法に過ぎない。

望む幸せが、恋愛であれ 仕事であれ 何であれ、それを成就させるためには

五感では理解不能でも 確かに存在し妨げとなっている障害=霊障を、
除去しなければ、達成可能なコトでも、結果的には…
諦める方向へ向かう…残念な結果を自ら招くことになる。

矛盾なんですけど ?  と、
言っちゃうことも、たまにはアリーーノです。

その恋愛を成就させたい ! 事業を成功させたい !  ハイ..それは解ります。

でーも、その前に、
「 障害を取り除きませんか ? 目視できなくても実在するんですよぉー 」 と
必死の説得に疲労が先立ち、遂にはお客様のおっしゃる通りに従って、終了。

相手の気持ちと現状がどうなっているのか ?  近未来に何が起きるか ? etc
まぁーーそんなとこ。
いわゆる霊視・透視・思念伝達が多いが、コレって目先だけの事になる。

もちろん、霊障を背負ってなければ、コレだけでOK ! なケースも多いけど。

私が唯一、反対 (?) されようが、なんだろうが、独断決行しちゃうのは、
家族のときだけ。

親戚から奇人・変人扱いされても、切羽詰れば、そりゃーー遣る !

それが、今回…母危篤の際に、ICUで数珠もってブツブツと真言三昧となり、
まぁーー確かに、病院のICUで数珠はぁーーヘンかもだけど、
ゴタゴタと常識並べるよりも、命が大切。

当たり前。結果オーライなら、弱音吐く医学に頼る必要なし。

常識並べて、世迷い言をいってる内に死んじゃったら、どうするんだ ! ? で、
小声で唱えても、気合いがグぉーンと強ければ、見事に通じるのだわ。

ただ、数珠が…病院の生死を別けるICUでは、見た目的にミスマッチだった ! ? かも。
母は意識不明だから恥ずかしいも何もないけど、親戚は、うざい。

同じく小声で 「 そんなぁー事したらオカシナ目で見られる。」 と戒められて..

「 気が散るっ! そばに来ないで。死なせない !  」 ( この時の私のオーラは多分真っ赤)
ココだけは大きな声になっちゃった・・
皆、ICUから待合室へとそぞろ歩きで出て行っちゃった。

死の宣告から、数日で生還した母は、後遺症もないが時折・・・
私によく似た看護師さんがいると呟くらしい。もしかしたら…
( アタシ幽体離脱して、エネルギー配達に行っちゃってる ! ? )

祈祷は、邪気祓いから始まるので、医療という学問を尻目に パワーは届く。

病院て、もしかして? ..未成仏霊の集会場かいな ? と思うこの夏の体験修行でした。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]

Copyright (C) 2015 電話占いの聖庵 All Rights Reserved.