電話占いの聖庵ブログ

電話占いですが霊媒霊能体質で祓って体調を即座に改善するのが得意です。占い越えて恋愛相談を視てると生霊が裏側に隠れてたり・・開運術へGO! 密教パワー

カレンダー

2017年2月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

月別アーカイブ

最近の記事

RSS FEED

悩み相談SOSの優良カウンセラー

電話占い・お祓いで消耗したらレヨコンプ

霊視 透視する前と後では、
視力が愕然とするほど違っている。

視力だけではなく、聴力も落ちる。

これに気づいてから、
電話占いの鑑定に…除霊・浄霊などの
エネルギーが大量に必要とされる特殊ワークの、
その前と後の変化を メモに取っていた。

およそ240分で機能は半分以下になる。
自身の生体フィールドエネルギー減少の値とみてる。

祓うモノが強烈であれば、
それに比例して虚脱感も激しいが、
それも一晩眠れば回復していた…つもりだった。

一過性の当然の疲れとして 長らく放置してきたが、
エネルギーを湯水の如く利用してきた結果、
まさか ! の気づかぬ間に溜まったらしき疲労が、
容易には抜けにくくなって…きたような…
小賢しい反応が時々現れ始めるようになった。

昨年12月
仕事お終いの日をゴールに突っ走り、
「コレって放置してるとマズイんじゃ?」
と、遠くから警鐘が鳴り始めたころ、
レヨコンプについて模索し始めた。

きっかけは、ダウジングするためのペンデュラムを
「もうひとつ♪」 とネットで探していて。

パワーストーンの物は
想念だけで動いてしまうため、
金属製のズシッと重いものを探し、
あちこちクリックしていたが、
なぜか?! レヨコンプがある…そこのサイトが
…開いてしまう。

これじゃない! と呟きながら、
なぜか? そこに毎回たどり着く。

機械類は苦手で興味もなかったが、
「持ってるだけでいい」
と、記されたミニレヨネックスは
お手頃価格でお試しにと、
クレジットカード購入画面へと進みクリック!!
…したのに
なぜか?  この時に限ってうまくいかない。

ネットショッピングができない状態に
「こんなの初めて…なにかのメッセージだとでも?」
ムムーッ面倒だっ! と
販売元に直で電話をしたのが11月頃だったか…

ミニレヨネックスはすぐに届き、
ポケットに入れてると、ポアンと身ぐるみ温かい。
エネルギーに満たされる感があった。

お祓いやエネルギーチャージをしてる時の、
冬が その瞬間だけ真夏にワープするような…
全身が汗だくになっていく感覚と、
どこか似ていた。

なんとなく調子いいかもぉ!!
な良き感じに包まれ、そうなると
レヨコンプにもメキメキと興味が湧き上がり
電話に応じてくれた野呂瀬先生の本を取り寄せ、
気合を入れて読み始めた。

ドイツでは第二医学として
40年以上前から活躍してる
波動調整器の名前がレヨコンプで
それは、
日頃から私自身がしている事と酷似していて
まるで! 自分の仕事を理解してくれる本(?)…。

第一医学の通常の病院では
完治が難しい症例=難病は、第二医学に回され、
その85%が克服している..とか。

私もご依頼があれば、
病名も判らず寝込んだきりの方など
いろんな状態の方々と電話をツールに、
密教秘術で対応している….

だからこそ、
天地の微細エネルギーを存分に集めたのち
巧く扱えば、世に言う 「奇跡」が置き
現実を劇的に変えることは…それは、
「可能」 と言いきれる。
…何故ならそれが仕事なのだから。

 

1/24 には無料体験セミナーがあるというのに、
なんとなく? もっと早く! という
心の声に押されて購入。

今回に限らず、差しせまると熟慮を手放し、
直感一筋で決めていく。積極的に !!

昔からそうだが、直感が働いてる時は
「下手な考え休むに似たり」 で、
勘の導きに従ったほうが 嬉しい結果が得られた。

トリセツ苦手なのに大丈夫かな?!
という思いはあったが、
理性+理屈でどう足掻いたところで、
何も起きない。

ならば現物を先に入手し、
使いながら根気よく覚えようと。

帰省から戻った週の金曜日に、
問い合わせメールをし、翌週電話して、
メールから一週間後には、
「私のレヨコンプ」 が、やって来た。

想像を超えるトリセツの分量に、
ササッと一歩気持ちが後ずさりしたが。
読み進めていくと、なんだか楽しい !!

日本でいう波動とは、
ドイツでは振動 で、チャクラ調整も、
各臓器や神経の経路の周波数も、
数値で表してる。

パワーストーンの周波数まで載っていた。
例えば、水晶は72.6で効果は不安の除去と確信。
カルサイトの周波数は82.4で、効果は「生きる喜び」。

一般的なパワーストーン本は
著者の体験的な主観が基準となるため
個人差がナントモ半端ないが、ここでは
周波数が主になっているため的確な選定が適う。

波動でも振動でも呼称に拘りはないが、
結果が存在することに、なにより拘る。

↑ を読んでいる内に思い出した。

遠い昔に、山梨県にある水晶専門店へ初めて行き、
「倉庫をご覧になりますか?」
と案内され、ニコッと笑顔で店を出て
水晶の山(!) みたいな倉庫で、ポツリと一人にされた。

案内してくれた女性店長は、
「じゃぁお店がありますので、ゆっくりご覧ください」
と置き去りにされ…みぞれ降る12月だというのに暖房がない。
どこかにあるだろうと
広い倉庫を探し回っても、人影さえない。

マジに独りなの?! 携帯あるから迷ってもいっか ! と
「ここの水晶独り占め♪」 と気分を切り替えて、
巨大レーザークォーツに貫入水晶にルチルにと
魅入っていた。
100g以下の水晶は、カゴに無造作に入れられていた。

だだっ広い場所で、人の気配もなく静まりかえって。

そんな所で 「あれ?」 と気づいた。
…体調がすこぶる良い!
寝不足でボンヤリしてた頭が すっかりクリアーに !
コートを脱いでしまうほど 全身がポカポカしてきた。
気力がみなぎり…これっていったい何事?
…な嬉しい体験。

これぞ本物のパワースポット !!
「もう、ずっといたい。帰りたくない」 居座りたいと、
波動の高い水晶を選んだあとも、
しばらくそこにいた。

水晶は常に振動している。

活きてる水晶に囲まれたら、
自然と波動は調整されると、身を持って知った日。

体感したら、それ以上に強いものはない。

この摩訶不思議な実体験があったから、
レヨコンプに疑念を抱くこともなく
素直な心で受け入れられた。

そのレヨコンプ使用初日に、
変化は起きた。

トリセツの初歩段階しか操作できず、
「まぁとりあえず…」 と適当な数値を入れたのだが
右下奥の歯茎が炎症おこし腫れてたのが、
30分で治ってた。

今日で8日経つが、
就寝中に活用すると目覚めた時が
なんとも、かろやか♪ リズミカルになる。

仕事だけにエネルギー消費して、
プライベートは勿体無いから消耗しないようにと
惜しんでいたエネルギーを自在に操れる♪

心身の調子に合わせて、波動水も作れる。
プレートにミネラルウォーター乗せて
欲しい周波数をセットするだけでOK。

あと2ヶ月もしたら…
どんな風に変わっていくのだろう?!

ただでさえ、今年は何かが変わるような…
今の意思とは異なるナニカ ! そんな予感に
捉われているのに。

まさか! 郷里にUターンして、
行人塚のご先祖様の傍で密やかに
始める準備に入ったりしてw

漠然と浮かぶ情景が、まさかの現実になる(?)
これまでの人生を振り返ると、
「ホント私って、なに始めるか? 自分でも分からない」ww

コトの始まりは、ある日 突然やってくる。
しかもそれは、ほとんどの場合、意思の次元とは違っていた。

2016年
レヨコンプ購入からして、 既に変化の兆しはきてるのかも。

好奇心と向上心と情熱で、去年を凌駕しよう !!


縁起物パワーストーン年末年始用プレゼント

今年も早いもので
「お名残り惜しゅうございます」
なんて言葉が飛び交う頃に入ってしまった。

電話占いプレゼントにも、
ちょっと旬(?)のモノをと、新年迎春を意識して、
パワーストーンを
古来より 「招福」…今時なら 「開運&幸運引き寄せ」 と
頼みにされる縁起物に彫ったモノをプレゼントに♪

日本なら、馴染みのよいところでは
酉の市の熊手・招き猫・福ダルマ・破魔矢…
経営者の方なら「フクロウ」の置物を蒐集していたり。

今回はイマイチ馴染みに欠けてる(?)ものの
列記とした 「幸運気招来」 なるモノを!!

● 龍 (ドラゴン)

※ 4.4kg (龍と鳳凰)

古今東西で 「吉祥・招福」 の霊獣として
頼みにされている一番手が 「龍」。
とはいえ身近に馴染むという感じではないのかも。

中国では神そのものとして崇められ、
「皇帝」 のシンボルとされてきた。

日本では、「登龍門」 という言葉がある。
龍門を登って! 出世街道まっしぐら!!
(結果、財力・権力・地位名誉の掌握が叶う)

※ 龍 700g  ↓ 龍玉(ドラゴンボール)

「陽」の気に溢れ
ポジティブエネルギーが漲っている。

大地の気が流れるエネルギーラインを「龍脈」、
その気が大地に噴出するポイントを「龍穴」。

龍脈を通って、龍のパワーが家の中に舞い降り、
財運をはじめ、すべての運気を上昇させてくれる。
財産や権力、出世の象徴で、
運気上昇・財力アップ・幸運引き寄せ力は強。

置く場所は風水的には、
玄関か部屋かを入って すぐ右側が良いとされ、
火の気の近くは避ける。

さらに一つ家の中に置いてもよい数は九つまで。
(九頭竜神社も有名なパワースポット)

● 鳳凰

本来は「陽」の気(エネルギー)を有しているが、
龍と一緒になることで 「陰」の気となり和合する。

龍と鳳凰を対で持つと、波動を安定させ、
運気を高める効果が倍速で上がる。

※ 鳳凰  680g ↓

但し、鳳凰は、
鳳は雌、凰は雄で、もともとは雌雄同体な霊鳥。

「不死鳥」とも呼ばれ、体が燃えて死ぬ…
そしてまた その灰の中から蘇る…故に不死鳥で、
それは 「才知と吉祥」 とされている。

鳳凰が姿をみせるのは、
平安をもたらす統治者=救世主が現れる兆しと伝えられ、
仁愛、祝福・寿福の象徴とされてきた。

鳳凰は 「招貴人」 の象徴で、
特に女性が鳳凰を持つと、自分自身が
磨かれて輝くようになることで、理想的な出会いを招く。
あるいは交際中なら、その良縁を成就させる。

芸術・アートの象徴ともされていて、
閃きなどを引き出してくれる。

健康・長寿・繁栄をもたらし、
成功・願望成就・最高の幸福を招いてくれる。

属性は 「風」 であり、
しばしば朱雀と同一視されるが、
朱雀は 「火」 の属性であり南方を守護し、
不動明王様の背後で炎を上げてるのが朱雀。

尤も、火の勢いを増して 火炎をつくるのは「風」w

● 豼貅 (ヒキュウ)

ヒキュウは龍の九番目の子 ↓ 800g

 
神話によると、ヒキュウは利発で聡明だったため
天帝のペットとして残され、可愛がられていたが、
もともとヤンチャで暴れん坊な末っ子。

食事は、金・銀などの財宝だった。

それはいいとしても…
ヤンチャなヒキュウは、食欲旺盛でよく食べ
大胆にも、トコロ構わずで
トイレをするようになってしまった。

天帝が、知らずにソレを踏んでしまい、
逆鱗に触れたヒキュウは、お尻ペンペン…
叩かれすぎて、ヒキュウのお尻は腫れ
二度とトイレをする事が出来なくなってしまう。

ヒキュウの食事は、金銀などの財宝だったため、
金銀財宝を吸収することができても、
それを出すことができなくなった。

また主人の歓心をかうためと
自分が食べるために、
大好きなお金の匂いを嗅ぎ分けて、
財宝を見つけては、お金を咬んで
主人の元に持って帰る。

改心したヒキュウは、
陣地を守り、敵からの攻撃をかわし
財産を守る役割を徹底して担った。

獲得と蓄財、財運なら 「まかせとけ!!」
とヒキュウの得意技となったワケである。

昔 暴れん坊、今 頼もしい精鋭…って
ヒンズー教のガネーシャ神と経緯が似てる。
もっとも
ガネーシャ神は首をすげ替えられ顔が象になり、
ヒキュウはお尻を塞がれ丸々と太ってしまったけどw

シバ神の子・ガネーシャも、
ドラゴンの子・ヒキュウも、攻撃されても怯まず
倍返しの応酬で負け知らず…戦えば勝つ。

● 金魚・魚

ひとことで幸運をもたらす。
(金魚・鯉は、縁起よき事が多すぎ絞るのが難!!)

目立つところでは、「財運向上」 & 商売繁盛 & 繁栄。
それが、金魚や鯉などの魚の最も意味するところ。

思いきり金魚!  648g  ↓

風水的には、
幸せが入るとされる玄関や、
その近くに置くのが定番らしい。

しかし住宅事情もあるワケで、
部屋の中でも、もちろんOK!!
…というよりも、

四角い部屋に 丸いものを置くと 「気」の流れを良くし、
「黒っぽい色の金魚」 が、
お金を集めてくれ、邪気を祓う。

合計6尾なら、金運上昇数値を更にUPとか、
なんとも超具体的な、縁起きる…金運魚。

元は、金魚は 「金余(きんよ)」 でお金が余る。
余ったら、銀行でもタンスでも預金(よきん)となる。

出目金だったりすると、
目が飛び出るほどの「富」 となるとかw

そういえば…

イェミンジュ&オプシディアンの金魚(鯉かも)
に、パワーを入れていたら魚がプクンと膨らみ、
その姿は、まるで出目金のように…なって、

「ブサイクになっちゃったケド」
「これしか今在庫ないの!!」

と、かなり前にT子様にお送りした事があった。


闇夜に光を♪ 暗い所では ↓

その時は、
その一点しかなくて…だったが、
それも「ご縁」だったと今更に感じる。

T子様から「最近仕事がうまくいって儲かってるの」
と、お電話を頂いたことを思い出したw

「祈祷のお陰」 とおっしゃってたが、
もしかして…あの石パワーだったのでは!?

工芸的に加工をしてても、100%天然石なら、
(粉々に粉砕してしまった場合を除いて、だが)
御魂入すると、内側から変化が起きてくる。

また鯉は、激流の川を逆上ることから、
強い忍耐力を養い、目標を達成し、成功を収める
「心願成就」や「繁栄」のパワーを意味している。

2尾の魚には、ロマンがあって
「相思相愛」 を意味する。

「眠るときに抱いて寝てるの」
とおっしゃる方が多いのに驚きMAX。

パワーストーンは仲良くすると効果も早い…
でも、面倒かな? と思うと
「抱いて寝て」 とは言えず
曖昧な言い方してたかも…?

早かれ遅かれ大なり小なりであっても、
テキトーに放置しない限りは、
パワーは放出されるモノだから。

ダカラ間違っても!  苦手な人の前に置いたりなど
衝立役か、攻撃の手段として! 敵対する人の
前に置くのは逆効果。

エネルギーは敵陣へと、放たれて…
相手がバンパイアならウルトラ元気になってしまいますw

※ 電話占いプレゼント欄には明日までに多数UPします。


年の瀬に見る夢・二尾の金魚

年の瀬が近づくと
謎かけのような夢を見る。

電話占いを始めた頃から
「年の瀬の夢」が はじまった。

生々しいだけの夢なら
目覚めて半日もすれば自然消滅する。

どんなに嫌な夢でも、
逆に、醒めたくない夢..のような夢でも。
ただ漠然と、良い悪いで振り分け、
内容はと言えば…「なんだっけ?」
と忘れている。

それが日数を重ねても忘れない…
…薄らぐことさえない夢は、
なにかを促しているのか、或いは注意喚起なのか。

どう考えてもインパクトに欠ける内容なのに
ハッキリと色彩まで記憶してしまって
頭の中に居すわる。

去年の夢ならまだマトモに解釈も…。

実家の庭で空を見ていたら、
横顔の白衣観音様が一体…次の瞬間には
斜めから…そして正面からと、無数に出現して
「なにこれ!?」 だったが、
ご無沙汰している高崎観音からの呼び出しだ!!
と理解し、正月に帰省し参詣した。

しかし今年のは、
知識にないモノのようで…難しくなくても意味深ww
なにしろ 『金魚&錦鯉』  ?_?
最初は
錦鯉のような金魚と 生まれたての金魚の2尾。
赤ちゃん金魚を育てようと必死な自分がいて 感情がある。

次の瞬間は、池の中。
稚く弱々しかった金魚も立派に育ち…
池の中には、いつの間にか錦鯉が無数にいる。

その 『色鮮やかな魚たち』 は 池を出て、
川を上に昇っていき、やがて空に消える..(上がる?)
その姿は龍のよう… ..なんて、まるで、
マンガ日本昔話のような無茶振りなモノ。
(龍宮城じゃあるまいし…と十日も呟いてw)

忘れさせてくれない夢の語りに辟易して
「いったい何があるのょっ?」 と調べ始めた。
面倒臭がりな性分で、
余程の事がないとネット検索もなかなかしない。
真実を探そうというより見解だけでも…というレベル。

夢に現れたモノたちの名を連ねて
謎々の解き明かしを始めたら…
「おやマァ! マジですか?」
の世界に突入してしまった。

そういえば !!…と思い出したのが、
パワーストーンのイェミンジュ+オプシディアンには
ブルーオプシディアンで、2尾の魚が彫られている。

取引をしている石問屋さんのオリジナルで、
一見ガラスにも見誤れるため、自分用として購入したが、
「気になるわぁ、この石」 と
直感的に認めて頂けた顧客様にお贈りしてきた。

まさに一見は鑑賞石っぽいが、
実は、波動がとても高くてヒーリング効果に優れ、
天地パワーを有し、直観力を磨き開運への導きをする。

その魚2尾は、石屋さんいわく
「金魚のつもり」 で作った!! と、
苦笑い気味に言っていたが、その意味は…

ズバリ金運。
なんと!  お金が有り余るほど入ってくる=蓄財となる。
しかも、年々年毎に運気が向上し、すべてが
満ち足りた幸福な状態を招く !? のだとか。

さらに、魚自体が、特に吉祥のシンボルとされ
2尾の魚なら、相思相愛の仲で、
幸せな生活の様子をあらわすと、
金運プラスで、後付の説明ももらっていた。

それがコチラ ↓ 真上から。


暗くするとイェミンジュの出番! 光を放つ。

もう一つ♪

マルチカラーは賑やかで、しかも【螺旋】は、不動明王様の印。
不動明王様とご縁のある方へ嫁ぐのでしょう ↓


真っ暗な所では、こんなに雰囲気が変わります。

オプシディアンには様々な色があり、
組み合せで 見た目的な様子も変化する。
重量的にも、500g位から1000g超えと幅が広い。

当然ながら純度100%の天然石なのだが、
見た目が…「ガラスまじり?」 と誤解される事も少なくない。

整形美人じゃなくて天然物パワーストーンです♪ (笑)

「ガラスとか石以外の物が混入すると、エネルギー入れても
どれだけ入れても、 透明感や輝きが生じず変化がないんです」
なにゆえか? と熱心に説明したり。

多くの効能を持つ石のパワーを摂取して欲しくて…解説かも。
そしてこれは、石が生きてることの証しでもある。

また、色そのものにもエネルギーが宿っているため、
その時その瞬間の、お好みの色を伺ってから
会員様プレゼント欄に、掲載する前のモノをご案内する事も多い。

年の瀬にあたり、年始に向けて、
パワーストーンで作った縁起物 (龍と鳳凰とかetc)を
近日中にしたためまして、写真Upします(^.^)/

もちろん電話占い会員様プレゼント欄にも、ドアップでw(^.^)w


電話占い聖庵プレゼント・フローライトの効能

フローライトの和名は、蛍石。
さまざまな色があり、色のパワーも加わって
色別で効能が微妙に変わる。

ラブラドライトや水晶と共に、
昔から好んで求めている石の一つ。

電話占い師としての仕事が専業になってから
私にとっては まさに「三種の神器」のような存在。

専業とするには、命懸けとなるべきと悟って(観念して)、
これが今生の使命だと是認して、直感が必要だと報せてくれた
パワーストーン達を集めた。
生涯独身で いろんな仕事をしてきたけど…逃げ道はもうない。

25kg~33kgのフローライトを、
仕事する自分の周囲.東西南北に置いている。

重量的に移動させることは至難だが、
ネガティブなエネルギーを 空気清浄器のように吸い取っては
場のエネルギーを ポジティブな波動にしてくれる。

どのパワーストーンもそうだが、
仲良くすること(触れる・見る・話す)でパワーが強力に発揮されていく。

大きさ別と、また色別に、丸玉・ポイント・フリーカットの形で、
およそ50個はあるはずなのに…(縁だろうか!?)
またまた! 出会ってしまった。

小さいのに天地エネルギーをパワフルに搭載したフローライトに!!

現地買付の石屋さんの倉庫のモノは、
ショップに置かれたら 大勢の人に触られ波動が落ちることもあるが…
倉庫からの買い付けなら、最も心配な、ソレがない。

今回のエネルギー数値の高いフローライトは、
自分のだけ一個だけなんて「勿体無い~! 」と
プレゼント用も含めて、5個ほど買ってきた♪
(5個しかパワフルエネルギーが感じられなくて、必然で5個)

その写真の1つがコレ ↓

もう1つのタイプが…コチラ ↓
(趣味の色って皆同じじゃないし、と)

↑ お見合いじゃないけど写真写りがイマイチかも(汗)
明かりにかざすと全色が入り、グラデーションの美しさが浮き出る。

誰の元へ、縁を結びに行くのだろうか?
人と石も縁ありき!! で心願成就のお手伝いに、
石もまた、相手を選んで向かう傾向が経験上 確かにある。

最後に、フローライトの特性について。

1番には解かり易く 「邪気祓い」に有効という点。
だから、環境中のネガティブをポジティブにチェンジできる。

結果、ストレスや心の疲れを癒して心身の調和をもたらし、
感情の乱れや混乱を未然に防ぐことが適う。

迷った時や、行き詰った時、落ち込んだ時に、
希望を持たせて、問題の解決方法へと導いてくれる。

フローライトは「天才の石」とも呼ばれ、
脳の働きを活性化させ、
集中力や記憶力、思考力、判断力、分析力を高める。

潜在意識を表層意識まで引き上げ、
意識を高いレベルへ持っていくため、正しい判断ができる。

想像力を刺激するため、アイデアを必要とする人や、
なんらかの試験が迫っている人にもオススメしたい石の一つ。

フローライトを他の石と一緒に持つと、
その石のパワーを助長することができる。

スピ系学習能力向上にも、なにかと役立つこの石は、
一つ以上は、是非持っていたいパワーストーン。

※フローライト、その他のパワーストーンにつきましても、
電話占い聖庵会員様プレゼントの写真クリックで拡大します。


疲れる(憑かれる)と睡魔が~電話占い~

疲れるといっても、
登山したトレッキングした…或いは
「今は仕事が超多忙だから! 」 と
明確な理由のあるものなら、よくある肉体疲労で
エネルギー補給をするために眠気もくる。

納得のできる眠気なら、たとえ強烈でも
「そりゃぁ生きてるんだから、当然でしょ!? 」…だが、
とりたてて何もないのに、最近 妙に眠いーー!
「何故かしらねぇ」
電話占いの鑑定中に呟かれる事があるのに気づいた。

聞かれていたら、
何故? に応えたはずだが。

聞かれていたのが、
彼の心がどこに向かっているか?
性格は? 嗜好は? 未来は?…etc。

彼氏さんの心の動きに全能力集中で
霊視に思念伝達にとフル稼働させていて
見落としていた。

「眠くなった」 と言われたら、時間も時間だし(深夜だし)
一通りの答えが出た後であれば 尚、
「では、今夜はここで。おやすみなさい」 と挨拶して電話置く。

それが礼儀だと思い、
それ以上追いかけて、
奥に潜む影まで霊視することもなかった。

当然ながら、電話を置いたらそこで終了となり、
次のお客様へ…となる。

ことに恋愛系のお悩みの方に、お祓いって…
それはどうでもいい!! とおっしゃる方が多いのも実情であり、
「ンッ?」 と違和感あっても、
(病気じゃないし…無理に勧めるのも憚られる)
「ハイ!  おやすみなさい」 と、なってしまう。

ある日…その時は、
長年の顧客様でもあったので、
やや気楽にヘタな遠慮が消え、思い切って
「 イヤな霊気を感じるんだけど。チトお祓いしてもいい?」
と伺い、了承を得て即実践。

霊視しながら話しながらでも 片手間的になら、
エネルギーの送り込みはできるので、 それは普通にしている。

…けど、 お祓いとなると、
会話は中断して、そこだけに集中が必須。
そのため、お客様の了解を得ないと、臨めない。

ベッタリと憑かれるには、 逆恨みとか原因は様々だけど、
恋愛系なら嫉妬心からくる生霊が多く、理不尽にも
勝手にパイプを繋がれている場合がある。

エネルギーを送っても
邪気入りの器(身体)では、混合になってしまい、
憑かれてる! からくる 疲れを止めることはできない。
応急措置にしかならない。

長年の顧客様のとき…あの時は、
平常時の波動を知っていたから 切電前に異変に気づいて、
いつもの遠慮を押しのけ、祓うことも出来たのだが…。

望まれない限りは、嫌がられるかもしれないお祓いを
積極的にやろうとは…思えないし、ならない。

未知の情報を知りたいだけの方も多くいらっしゃる。

しかし、その逆の方法を取ることで解決する事もある。

祓う・結界を張る・エネルギー注入を、
トコトン行使することで、送り主に邪気諸とも返還となり、
ふさがれていた道が開けてくる。

「眠くって」
と繰り返し呟いていた顧客様だったが、
祓った後は、「ダルさが消えた。ひぇーっ! 誰だったの?」

睡魔も飛んで、問題視していた内容が、
実はどうでもいい事だった! と…記憶が蘇えり
「なんで、あんなに悩んでたのかしらね? 」 となった。

友人だと思っていた人から、
ある種のコトを気にするようにと、摺り込まれていた。

コントロールされていたためエネルギーが消耗し、
睡眠をとっているのに、眠気が消えず、混沌としていた。

今日はコレをしようと思っても、睡魔に襲われ頓挫する。

気持ちよくって眠い~♪ なら良いのだが、
イヤな感じがする眠気には、もしかしたら…
ナニカが憑いてきてる可能性も疑ってみる。

そして、過酷になる前に !
とりあえずお香でも焚いて
煙の行方をしっかり観ていく。

これが、最も手っ取り早い。

お香の煙が自分の方へ向かってくるようなら
とりあえず、鐘でもガンガン打ち鳴らしてみる。

相手がエナジーバンパイア体質でもなく、
初期段階ならば、
お香の煙が、まっすぐ
真上に直線であがって行くようになるまで根気よくヤル。

閉め切った部屋で、風もないのに、あらぬ方向へと
煙が向かう先には、まず、居ると考えて対処を。

生霊は、煙を嫌う。
お香の煙は、生霊の姿を、煙によってあぶり出そうとする。

自分が犯人だと解られては、目標の達成も叶わなくなる…
不都合となれば、じきに、辟易と退散する。

眠くて、そんな気分じゃなくっても、
これは最低限のこと。だから、
ひどくなる前に、お返しはキッチリしておきましょう(^.^)b


ヘミシンク=幽体離脱に危険な音色

ヘミシンクに挑戦しているというお客様が、
近頃は多くいらして、その言葉を聞くたびに…
なぜか、頭の中に、
「危険だ!」… という
警鐘めいた感覚が降りてくるようになった。

ヘミシンクって? 正確には何だ!?
代替医療でも新たなスピでもなさそうだけど… と、
とりあえず調べてみた。

早い話が「幽体離脱」 (学術的には体外離脱と言うようだが)
それを促進(?) 可能にすることらしい。

神秘体験がいつでも叶うというのは…
それほど魅力的なのだろうか。

故.ロバート・モンロー氏の体験が基になり、
成功すれば、様々な次元や場所に
肉体を置き去りにして移行できるとか…。

それには まず、
モンロー研究所(監修?)のCDを、とにかく聴くのが基本らしい。

正否はともかく熱心に聴くことで、左右の脳に、
例えば 左90Hz 右100Hzという誤差の10Hzの低周波が発生し
固定されていた脳波にアンバランスな波形が生じる。

脳にとっては自然なリズムが崩壊し、しかも修練もないため、
異常事態発生となり、ある種のパニック状態で
繰り返せば、予期せぬ現象をも引き起こす….
それが、一部の人にとっては不思議体験に繋がるようだ。

望んだモノだけピンポイントで叶えば良いけど、
どんな物事にも、表と裏、光と影….両面ある。

尤もこれを、絶対音感の持ち主が一度でも試みたら、
不快感満杯で頭痛でも起こして、
「2度と聞くもんかっ!」 となりそうだけど。。

かつて…もう、ウン十年も昔のことだが、
学生時代に狭い部屋をシェアしていた友人・Reikoの
ことが、どうにも思い出されてならない。

ウン十年も経ったのに、彼女の顔が、
ヘミシンク→幽体離脱 ! に切り替わった途端に、
脳裏をよぎる…その笑顔が鮮明すぎる。

そもそも幽体離脱という言葉を知ったのは、
高校時代からの親友・Reikoの体験的情報からだった。

霊感体質の18歳2人が、夜になれば布団並べて寝る暮らし…

眠る前には、お喋りの花も咲き…それは当然の如く
「今日遭遇した奇妙な出来事」 の内容になり、
「あの場所は やっぱり…だよね? 即死の人が多かったみたい、気をつけよう」
1日の〆の話が こんなんで 「おやすみ~」 と電気消す。

あとから思えば、
こんな会話に違和感ゼロってほうが変かも? だが、
互いに隠すこともなく、郷里にいた頃より心は遥かに自由で、
解放感の方が勝っていたのも確か。
たぶん、Reikoも。

話してもいい事とイケナイ事の分別をスルーして、
視たまま感じたままを、語り合える仲はラクチンで、
まさに、仲間。

同居人でもあり霊感友達でもある彼女は、
まさしく幽体離脱の名人でもあった。

ヘミシンク的な道具はなにも用いてなかった。
それが生活の一部であるかのように、自在に、
肉体から抜け出して、目的地へと飛行していたが…

ある朝、肉体に戻ったReikoが 初めて
「コレ遣りすぎたかも。ヤバイかも」
と、口にした事があった。

それまでは、
「なんの問題もない」 と言い切っていた。
彼女は、遠距離恋愛となってしまった彼のもとへ
毎週末 会いに行っていた。

ただ、彼は普通の体質の人で、
記憶の共有はできないと…。

つまり、
幽体離脱での体験を克明に覚えているのは
彼女だけで、彼氏の方は…と言えば、
なんとなく夢を見たような気がするだけ。
さらに、
エネルギーチャージする時間を奪われた形で、
疲労感だけは彼氏にも同等に残り…もっと言えば、
「生霊に襲われた」 ような感覚に陥る。

「しばらく、やめるわ。顔見たいけど誤解されたかも」
Reikoはそう言って、押しかけ幽体離脱を封じた。

彼の意識の中では、
「なぜか分からないけど、彼女が怖い」 という感情が目覚める。
怖いと感じた相手からは、誰だって遠ざかりたい。

しばらくして再び幽体離脱で会いに行ったら…
いきなり 「来るなっ! 」 と、祓われた。
数珠を片手に応戦してくる彼氏。

「もしかしてオマエか?! いい加減にしてくれっ! 」
と、怒鳴られ
「俺はフツーの人間なんだ。勘弁してくれ..忘れてくれよっ! 」
塩を撒かれてフラれたと聞かされた。

幽体離脱でも体外離脱でも、どちらでも、
許可など不要と来られたら、いい気持ちはしない。

望んでもいなければ 同意もしてない人の所へ、勝手に行くのは
禁じ手だと、彼女が気づいたのは嫌われた後の祭り。
どんな関係でも、魂の拒否に遭ったら修復不可。

バカげた事を!! と言われそうだが、これは、
実際にあった三十年前の現実。

傷心に陥った彼女は、その後、新興宗教に誘われ
入信してしまった。
その宗教団体の勧誘の手は、シェアしていた私にも伸びてきた。

「そういうの大嫌いなんですっ!!  迷惑も甚だしい」
と騒いだら同居解消を、宗教団体から迫られた。

「不幸になる」…呪文のように繰り返し脅されて、
Reikoは用意された部屋へと越して行った。

卑劣なことを堂々とやってのける新興宗教への憎悪が
頂点まで達し、以降の人生に大きな影響を与えたのは
あの事件がきっかけだったような…。

ルームシェア解消の引越当日に、彼女が放った言葉が耳に残る。

「幽体離脱中に短命になるって誰かに言われて…」
「私の命は…あと1年か2年かも。本当にそんな気がするの」
「藁にもすがる思いで入信しちゃったけど、ゴメンネ」

この告白には、さすがに愕然とした。

「幽体離脱なんて意図的にするもんじゃないね」
まるで遺言のように聞こえたのを記憶している。

新興宗教団体の用意した部屋に越して病気がちになった彼女は、
逃げ出すように、遠いS区にわずか3ヶ月で引越し、
私もN区へと越した。

しばらく経ったころ、
「バイト先で運命の彼氏を見つけた! 優しい人で幸せょ♪」 と電話があり
それは、
結婚前提の付き合いで、ご両親への挨拶も済んでいると
幸せを掴んで、いつぞやの死神的な話は杞憂に終わった…かと。

「もう幽体離脱なんかしない。長年してたから疲れちゃったしね」
と過去完了形で語り、本当に封印したようだった。

幸せに浸る彼女の話に、
「ウエディングドレス選びが楽しみだね♪ 」
祝福の言葉を贈り電話を切った。

ある朝…前夜は早くベッドに入ったのに眠れず、
疲れて重い体なのに Reikoのことが思い出され
「まさか?」…不吉な予感を否定して、二度寝に入ろうとしたとき、
電話が けたたましい音を立てた。

「もしもし、Reikoの姉ですが、10時から解剖が始まるので…
大塚の監察医務院まで来てもらえますか? 」
「…….えっ!?….」
告げられた内容が消化できないままタクシーを拾い、
監察医務院へ向かう。(解剖…?)

その朝、Reikoと婚約者のAさんは一緒に過ごしていた。
挙式の打ち合わせをしていたら、胸をかきむしる仕草をし、
バタッと倒れたまま反応のない彼女を抱きかかえ病院へ。

すでに息絶えていた彼女の肉体は、
不審死として監察医務院へ移され、一緒にいたAさんには、
殺人の疑いがかけられていたが、解剖の結果、死因は、
扁桃腺の腫れによる窒息死…ノドが完全に内側から塞がれていた。
笑顔から死まで、3分。

享年、22歳。
求めた幸せを目前にして、彼女は逝ってしまった。
「幽体離脱は危ないよ。命の無駄遣い!」
と、忠告とも遺言とも云える言葉を残して。

Aさんも私もご家族も、Reikoが扁桃腺を患っているとは、
誰も知らなかった。
もしかしたら本人も…。
「嫁入り前の体だから」 と冗談ぽく言って、些細な症状でも
病院通いをしていたが、ついえて肉体から幽体は切り離された。

生前、
「幽体離脱したがる人が多いけど、代償が大きいって解ってるのかなぁ」
「体質的なモノだけど簡単。でも見返りを払う段階になって後悔するよ、きっと」
これが彼女が残した “ 命を懸けた遺言 ” となった。

痛みを目の当たりにしていたから
意図的に幽体離脱をしようとは思わない。

それでも 不意打ちで来られたら (?)
生身で今生にいる間は、備えを置いての仕事中以外は
拒否るしかない。

すべてが透けて見えたら、プライバシーは不在になる。
….というか、それって不気味でしょ?!  (と思うのだけどw)


疲れたら ペトリファイドウットを味方に

木化石(ぼっかせき)とも
珪化木(けいかぼく)とも…

世界統一して呼ぶなら、ペトリファイドウットと言われる、

文字通り 「木の化石 」 は、
地質時代の木が化石となり珪化したもの。

含まれるイオンの成分によって、さまざまな色になる。
一つのペリファイドウットでも、ベタな単色はない。

主になる色が各々あり、そこに幾つかの色が混じり合い、
一つ一つが異なる模様をハッキリ押し出している。
赤・ピンク・茶・黄・ベージュ・白黒・グレー…etcもっと!!

めまぐるしく変化する大自然との
数億年単位の長い付き合いによって、
神秘の力が凝縮されたパワーストーン。

効能として挙げられてるのも
数知れずの、守護パワー最強お石様。。

まず最初に挙げるべきは、
疲れている人の体力を、
オーラから肉体へとパワフルに補い、

「生命力の底上げ」をトコトンしてくれる。

ここんところ 体調に自信が持てなくて…と言う人には、
「バッチリいけるわよ♪」のパワーストーンといえる。

 

強固な意志を養い、ブレなく、
自ら決めた道を、
迷いなく進めるよう強力に後押しをしてくれる。

また、このストーンを持つと人道的な精神が覚醒し、
それが忍耐力や精神性を高め、その結果として、
希望が現実化する…つまり、叶う。

自ずと、石の持主に「感謝の心」が広がり、
それがまた、望むあらゆる幸運を連れてくる。

ペトリファイドウットは、眠らない…
寝る間を惜しむかのように、常に所有者のために、
高みへ高みへと導いてくれる有難いストーン。

このストーンに動かされて、無意識に…
気づかぬうちに努力なるものをしてる事になる。

その第一歩が、
やはり、体力&生命力という訳である。
肉体を持ち生きてる者が、苦もなく達成するには !
カラダと精神の健康があればこそ!!
まして持続力ともなれば…!

8月・お盆の帰省で、突然、父から
「今のところを退出して、新天地に越したい」
と宣言され慌てふためき 、探すのにも心身がぁ(T.T)
の…はずだった(?!)..なのに…不思議。。

その引越日が、まさに今日。
通常2ヶ月余かかると言われていたが、半月足らずで万事解決。


心霊ホテルに泊ったお客様by銀座時代

十数年程前…銀座でクラブ経営していた頃の実話。

0時以降は、予約を頂いていた常連様の占いをして
…気づけば朝6時 ! なんてことも珍しくなかった…そんな時代のこと。

お酒も入っての接待は、深夜23:45で終了。

0時を挟んで、ゴロリと雰囲気が替わり、
急ぎの鑑定を望む方々が入店されると ドアの鍵もガチャッ。密室を作る。

マリアージュフレールの紅茶とフルーツを用意したら
従業員は片腕一人残し帰宅…守秘義務遵守を目視できることが
当時の客層では絶対条件の一つで、行列なんて、とんでもない話。

いわゆる「対面鑑定」で、霊感霊視・お祓い・祈祷・大願成就etc…
店内で尽きない内容は、電話占いへと移行して、遣っていた。

世間で偉大だと仰がれる方々には、また、それ相応の悩みが、
いとまもなく相次いで起きる…が、悩みがあることさえ悟られてはならず、
皆さん「お忍び」で訪れる方々で、互いに深夜がベストだった。

そんな緊迫した空気を破って、
0時以降はダメだという「掟」を蹴散らして…Aさんから
店の電話にガンガン。鳴りやまぬ音にやむなく出ると、

「ママ、頼むから聞いてくれっ! ここ開けてくれーっ!! 」
ドアの外側にいるらしく、おびえた声は電話無用で響いてきた。

Aさんは関西から出張に来ていた某製薬会社の部長で
一時間ほど前に「定宿のホテルに行く」と、接待を終えて帰ったばかり。
(接待も上々に運びご満悦だったのに、わずか一時間でなんだろう?)

店内で対面鑑定…というより
スピリチュアル的コンサル&祈祷をしていた時に、
まさに、よりにもよって! (集中力が切れるじゃん) !!

医学界の大御所を奥まったL字型の席に待たせて、
怒りを隠した笑顔 で、ドアを開けた。

Aさんの顔を見るなり「ひぇーっ?」 …お顔がゾンビ。血の気がない。
ドアに近いカウンター席でグイッとお水一杯 飲んで、

「僕は、ボクは異次元に触れたらしいんだ。憑依してないか視てっ!」
「というより、お願い! すぐにお祓いして。頼むょ~~(涙声)」

大御所先生が死角になる席にいるとも知らずAさんは、
怒涛の如く恐怖体験をまくしたて始め…こうなると、もう、止まらない。

「予約いれずにKホテルに行ったんだ。それでいつも泊れたし…」
「今夜も満室だって言われて、寝られたらいいから先週の部屋でいいよ」
と言ったら妙な顔をされて、

「お客様? 当ホテルには、そのような客室はございませんが…」
と 逆に戸惑われて、
「先週の水曜日も僕はここに泊ったけど?」 と言うと…
パソコンで調べ始め…結果!!

Aさんが宿泊した形跡も残されてない上に 、Aさんが言うタイプの部屋は
「今のご時世でそのようなお部屋は….。どちらかの旅館では?」… と。

Aさんは酔うほどお酒を飲まない。頭の回転を温存する。
接待のための上京であり、冷静沈着な人だ。

そのAさんが繰り返し語る内容は、一貫していた。

先週の水曜日に会社近くのKホテルへ行くと
「本日は満室で申し訳ありません」と丁重に断られたが、
すでに深夜1時を超えていた。

朝一の新幹線で帰阪するから寝るだけだとフロントに告げ…
「この時間じゃ日比谷公園で寝るしかない」

「ここが満室なら、ほかのホテルを回っても空きはないでしょ?!」
押し問答の末に、Kホテルからの提案で

「お客様? 本当にお休みになれるだけでよろしいのでしょうか?」
と確認され、スーツ脱いでちょっと寝れたらありがたい ! …で
チェックインした。

野宿よりはマシだとは思うほど変わった部屋だったと、
Aさんはその部屋をシッカリと記憶していた。

広さは4畳半くらいの和室で、どこにも窓がなく、
布団が積み上げられ、まるで時代劇にでも出てくるような…
「言い方が悪いけど遊郭みたいな…女中部屋みたいな感じだった」…

「いまどき、こんな部屋もあるんだなぁ。まぁ寝てしまえば同じさ」と
2時間ほど休み、チェックアウト時には会社のカードで精算し、
朝一の新幹線に飛び乗って、車中で再び睡魔に誘われ…

奇妙な部屋のことは、以後、気になる事も思い出す事もなかった。

七日過ぎて、
同ホテルのフロントとの話に至るまでは、仕事に忙殺され、
疑問を抱くことすらなかった。

この夜、薄気味悪さを払拭したくて Aさんは、
Kホテルのフロントマンに〝先週泊った部屋〟まで行って確かめたいと
先週は確かに存在していた(はずの)、その謎の部屋まで…

引き戸のドアの前まで行かせてくれ ! と、半ば強引に歩いた。

しかし、その部屋に行き着くことは できなかった。
壁に立ち塞がれて…部屋にたどり着く前に、
行き止まりに突き当たった。

記憶では、この壁の向こうに、部屋があった !
それをフロントに言うと、

「歴史がありますので…昔はあったそうですが…塞いだと聞いてます」
と正直に応えられ、
フロントマンの顔が 心なしか青ざめているのを見てとると、
確かめるつもりが恐怖に一変して…

本能的に逃げてきた…というもの。
「何故なんだかね、ここに戻るしかないって。何が憑依してる?」

Aさんは戦々恐々「憑かれてる!」と思い込んでいたが、
実際は、なにも憑いてなかった。

憑依はない! と何度言っても納得しないAさんに、
「先週、ウチの店に来なかったからヤバイ経験しちゃったのねぇ」
キャハハ♪と笑って、おもしろかった! と言ったらムッとされたけどw

実質的な被害は何も蒙ってないんだから
「忘れるか、私みたいに慣れるかしちゃえば問題ないわぁ」
で、ようやくの納得を(?)不承不承してもらった。

してしまった経験を消すことは できないけど、
大した事じゃない ! と、メンタル強化ならお得意様への得意技(?)
そもそも「開運」てのは、そこから始まる。

Aさんの突入で、大御所先生の祈祷が大幅に遅れ、そっちが
よっぽど気になる!!…ところだったが、
さすが大御所様 ! …席に戻れば、クスクスと失笑モードだったらしい。

「いやいやぁ、お陰で緊張感が解れてきたよ」…と(笑)ww

そうなのだ!!  昔から常連様はこの手の話には、まるでビビらない。
…というか、現実問題が真剣に深刻なのだから
「生きてる人間の方が、慢心で何をやらかすか? よほど恐い!」 となる。

銀座なんて、生霊ビシバシッと、
情報と同じく電光石火で飛んでたっけ。
あれらも必要な経験だったと、今なら、思えるけど。。


エナジーバンパイア対決にレーザークォーツ

エナジーバンパイア被害が増えている。

電話占いという仕事柄そう感じるのかもしれないが、
とにかく、ほぼ毎日お祓いしてエネルギー入れて
電話中に必ず元気になってもらうのが、
いまや最優先事項になってるような…。

元気じゃなきゃ、そりゃ恋愛も仕事も楽しくない !

「エナジーバンパイアに対処できるパワーストーンは何?」
と訊ねられることもあるが…
レーザークォーツは取り扱いに充分な注意が必要で、
いわば 「諸刃の剣」 となる水晶の最高峰かも。。

写真を載せても
レーザーなのか? レムリアンシードなのか?
まったく区別が付かないし ヘタしたら誤解を招く…それが怖い。

パワーストーン専門店のHPでも
時折 「それ! 違うでしょ?」 というのを見かけるほどに…

水晶だけを扱う専門店で 長年営み、
現地買付に行ってるところなら
職人肌的な聴覚と触覚で 「目利き」 も容易く
証明してくれるし、ほかの水晶との違いも教えてくれる。

レーザークォーツの産出量が激減して
仕入れ価格が高騰してきた! と聞いてから
すでに10年以上が経っている。

このレーザークォーツの何が危険なのか?!
危険度と役立ち度が 同じことになるのだが、
まずは、
無作為に他人に向けると、その人のオーラを切り裂く。

相手がエナジーバンパイアで日常的に被害に遭ってる !
ならば、レーザークォーツは武器として役立つ!!
もっとも…これは、
「ヤラレル前に、やっちまえーー!!」 的になってしまうけど。

まさに、
「攻撃は最大の防御」  という言葉がふさわしい水晶となる。

エナジーバンパイアと会わなきゃいけない…
エネルギー盗られる前に、盗っ人パワーを切り裂けーっ!! と
レーザークォーツをバックから取り出しサクッと一振り。。

優しい天使のような守護石というよりは、
霊的な戦闘にはサイコーです! …と言うべきかもw
(Michael大天使のような感じで)

パワーストーンに興味を持って比較的初期に
始めの一つを購入した。
その時に、さんざん言われたのが、
「絶対に! 不注意で人に向けないでくださいね」だった。

しばらくして別の店で、
なんかこの水晶を気に入ったぁ!! と購入した時も、
「意図がなくても人に向けるとオーラを切り裂きますから注意を!」だった。

挙句の果てに…
「水晶だから銃刀法違反にはなりませんけど」
とまで…オマケの言葉がついてきた。

扱い以上に難しいのが、見分け方だが、
レーザークォーツは採掘された状態で売られるので
当然ながら先端が尖っている。
間違ってもブレスに加工されることはない。

その尖端の近くをレーザークォーツ同士で
軽く、ぶつけるようにしてみる…
と、かすかに金属音のような音がする。

普通の(?)水晶同士ではコンコンと鳴るが、
レーザークォーツでは、キンキンと鐘の音が混ざったような音。

聞き比べてみないと分からないのが 難だが、
あきらかに「音」 が違う。
そのため 「シンギングクリスタル」 とも呼ばれている。
(※ クリスタルボールとは全くの別物)

もちろん電子顕微鏡でも分かるが…
そんなモノを持って行く…持っている人が少ないだろう。

ズシッとした重量感があり、先端に近づくほど透明で
氷のような…クールな美も特徴の一つといえる。

クールビューティーなレーザークォーツは
パワフルに部屋の浄化もしてくれるし、
邪気が飛んで来ても、日本刀の如く切り捨て御免が瞬時にできる。

平和な日常の中にあっては、
瀬戸物(土で出来てるから)か、もしくは 木の器に粗塩を盛って
その真ん中に立てて置いておくのがベスト。

置く場所は、
足元よりは頭部の近く…テーブルやチェストの上など
下ではなく上の方に。。

お香の煙も上に流れる訳で、そもそも
邪気は下からは飛んでこない。
上から来るから頭痛や肩こり首こりetcメンタルに支障をきたす。

飛んでくる生霊にも対処してくれる用兵のような水晶♪
それが頼もしき哉 !  レーザークォーツ。


開運の石・ジルコン・電話占いプレゼント

ジルコンの和名は、風信子石で
特徴は、金剛光沢を持つ…金剛石と同じ輝きを有する。
金剛石とはダイヤモンドのこと。

「風信子石」も 「金剛石」も、
名前を聞いただけでは 「なにそれ?」 となりそうだが。

ダイヤモンドの模造石が 「ジルコニア」 で、
名前は似てるけど、
ジルコンは 正真正銘の天然石。

少しばかり ややこしいが…
キュービック・ジルコニアと聞けば、 模造ダイヤ!! と分かり易い。

このジルコンの色は豊富で
色によって意味合いが少しずつ変わるが、
どの色にも宿っている効能は…

ピンチに陥っても、

対処する能力を潜在下から引き出し、乗り切るすべを
劇的に与えてくれる…人生のサポーター♪
運気アップ(開運) の守護石といえる。

その証しのように 石の中から輝きがキラキラ !!
(さすがダイヤモンド光沢=金剛光沢♪)
そして、ズッシリとした重みがある。

写真では、光沢も重みも 伝えきれない。
(それが残念だけど 言葉を添えれば ある程度は)

濃いピンクのジルコンは ↓ (原石)


黄緑のジルコン原石は ↓


紫色系のジルコン原石は ↓

叶えたい夢がある…
達成したい目標がある !!…
だけど、
大きな障害が立ちはだかっている。

本当に、挑戦していいのか?
自分に自信が持てない…「どうしよう?!」
そういう人を応援してくれる、軍師のようなパワーストーン。

挫けそうになっても、その心を支え、
メンタルを強化して尚、健康面での支援にも長けている…
ゆえに、一個は持っていたいパワーストーン。

産出量が少ないためか
主に ペンダントトップ(ルース)や指輪にブレスなどの
装飾品にされることが多い..が。

できれば原石で持つ方が
ジルコンの効果を早めに実感できる。
手のひらに握っていると ジワリと熱気を帯びてくる。

ポジティブエネルギーに満たされると、
それまであったはずのネガティブなモノは自然消滅している。

※拡大写真は電話占い聖庵・会員プレゼントでご覧下さい。


Copyright (C) 2015 電話占いの聖庵 All Rights Reserved.