電話占いの聖庵ブログ

電話占いですが霊媒霊能体質で祓って体調を即座に改善するのが得意です。占い越えて恋愛相談を視てると生霊が裏側に隠れてたり・・開運術へGO! 密教パワー

カレンダー

2019年12月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別アーカイブ

最近の記事

RSS FEED

悩み相談SOSの優良カウンセラー

ヘミシンク=幽体離脱に危険な音色

ヘミシンクに挑戦しているというお客様が、
近頃は多くいらして、その言葉を聞くたびに…
なぜか、頭の中に、
「危険だ!」… という
警鐘めいた感覚が降りてくるようになった。

ヘミシンクって? 正確には何だ!?
代替医療でも新たなスピでもなさそうだけど… と、
とりあえず調べてみた。

早い話が「幽体離脱」 (学術的には体外離脱と言うようだが)
それを促進(?) 可能にすることらしい。

神秘体験がいつでも叶うというのは…
それほど魅力的なのだろうか。

故.ロバート・モンロー氏の体験が基になり、
成功すれば、様々な次元や場所に
肉体を置き去りにして移行できるとか…。

それには まず、
モンロー研究所(監修?)のCDを、とにかく聴くのが基本らしい。

正否はともかく熱心に聴くことで、左右の脳に、
例えば 左90Hz 右100Hzという誤差の10Hzの低周波が発生し
固定されていた脳波にアンバランスな波形が生じる。

脳にとっては自然なリズムが崩壊し、しかも修練もないため、
異常事態発生となり、ある種のパニック状態で
繰り返せば、予期せぬ現象をも引き起こす….
それが、一部の人にとっては不思議体験に繋がるようだ。

望んだモノだけピンポイントで叶えば良いけど、
どんな物事にも、表と裏、光と影….両面ある。

尤もこれを、絶対音感の持ち主が一度でも試みたら、
不快感満杯で頭痛でも起こして、
「2度と聞くもんかっ!」 となりそうだけど。。

かつて…もう、ウン十年も昔のことだが、
学生時代に狭い部屋をシェアしていた友人・Reikoの
ことが、どうにも思い出されてならない。

ウン十年も経ったのに、彼女の顔が、
ヘミシンク→幽体離脱 ! に切り替わった途端に、
脳裏をよぎる…その笑顔が鮮明すぎる。

そもそも幽体離脱という言葉を知ったのは、
高校時代からの親友・Reikoの体験的情報からだった。

霊感体質の18歳2人が、夜になれば布団並べて寝る暮らし…

眠る前には、お喋りの花も咲き…それは当然の如く
「今日遭遇した奇妙な出来事」 の内容になり、
「あの場所は やっぱり…だよね? 即死の人が多かったみたい、気をつけよう」
1日の〆の話が こんなんで 「おやすみ~」 と電気消す。

あとから思えば、
こんな会話に違和感ゼロってほうが変かも? だが、
互いに隠すこともなく、郷里にいた頃より心は遥かに自由で、
解放感の方が勝っていたのも確か。
たぶん、Reikoも。

話してもいい事とイケナイ事の分別をスルーして、
視たまま感じたままを、語り合える仲はラクチンで、
まさに、仲間。

同居人でもあり霊感友達でもある彼女は、
まさしく幽体離脱の名人でもあった。

ヘミシンク的な道具はなにも用いてなかった。
それが生活の一部であるかのように、自在に、
肉体から抜け出して、目的地へと飛行していたが…

ある朝、肉体に戻ったReikoが 初めて
「コレ遣りすぎたかも。ヤバイかも」
と、口にした事があった。

それまでは、
「なんの問題もない」 と言い切っていた。
彼女は、遠距離恋愛となってしまった彼のもとへ
毎週末 会いに行っていた。

ただ、彼は普通の体質の人で、
記憶の共有はできないと…。

つまり、
幽体離脱での体験を克明に覚えているのは
彼女だけで、彼氏の方は…と言えば、
なんとなく夢を見たような気がするだけ。
さらに、
エネルギーチャージする時間を奪われた形で、
疲労感だけは彼氏にも同等に残り…もっと言えば、
「生霊に襲われた」 ような感覚に陥る。

「しばらく、やめるわ。顔見たいけど誤解されたかも」
Reikoはそう言って、押しかけ幽体離脱を封じた。

彼の意識の中では、
「なぜか分からないけど、彼女が怖い」 という感情が目覚める。
怖いと感じた相手からは、誰だって遠ざかりたい。

しばらくして再び幽体離脱で会いに行ったら…
いきなり 「来るなっ! 」 と、祓われた。
数珠を片手に応戦してくる彼氏。

「もしかしてオマエか?! いい加減にしてくれっ! 」
と、怒鳴られ
「俺はフツーの人間なんだ。勘弁してくれ..忘れてくれよっ! 」
塩を撒かれてフラれたと聞かされた。

幽体離脱でも体外離脱でも、どちらでも、
許可など不要と来られたら、いい気持ちはしない。

望んでもいなければ 同意もしてない人の所へ、勝手に行くのは
禁じ手だと、彼女が気づいたのは嫌われた後の祭り。
どんな関係でも、魂の拒否に遭ったら修復不可。

バカげた事を!! と言われそうだが、これは、
実際にあった三十年前の現実。

傷心に陥った彼女は、その後、新興宗教に誘われ
入信してしまった。
その宗教団体の勧誘の手は、シェアしていた私にも伸びてきた。

「そういうの大嫌いなんですっ!!  迷惑も甚だしい」
と騒いだら同居解消を、宗教団体から迫られた。

「不幸になる」…呪文のように繰り返し脅されて、
Reikoは用意された部屋へと越して行った。

卑劣なことを堂々とやってのける新興宗教への憎悪が
頂点まで達し、以降の人生に大きな影響を与えたのは
あの事件がきっかけだったような…。

ルームシェア解消の引越当日に、彼女が放った言葉が耳に残る。

「幽体離脱中に短命になるって誰かに言われて…」
「私の命は…あと1年か2年かも。本当にそんな気がするの」
「藁にもすがる思いで入信しちゃったけど、ゴメンネ」

この告白には、さすがに愕然とした。

「幽体離脱なんて意図的にするもんじゃないね」
まるで遺言のように聞こえたのを記憶している。

新興宗教団体の用意した部屋に越して病気がちになった彼女は、
逃げ出すように、遠いS区にわずか3ヶ月で引越し、
私もN区へと越した。

しばらく経ったころ、
「バイト先で運命の彼氏を見つけた! 優しい人で幸せょ♪」 と電話があり
それは、
結婚前提の付き合いで、ご両親への挨拶も済んでいると
幸せを掴んで、いつぞやの死神的な話は杞憂に終わった…かと。

「もう幽体離脱なんかしない。長年してたから疲れちゃったしね」
と過去完了形で語り、本当に封印したようだった。

幸せに浸る彼女の話に、
「ウエディングドレス選びが楽しみだね♪ 」
祝福の言葉を贈り電話を切った。

ある朝…前夜は早くベッドに入ったのに眠れず、
疲れて重い体なのに Reikoのことが思い出され
「まさか?」…不吉な予感を否定して、二度寝に入ろうとしたとき、
電話が けたたましい音を立てた。

「もしもし、Reikoの姉ですが、10時から解剖が始まるので…
大塚の監察医務院まで来てもらえますか? 」
「…….えっ!?….」
告げられた内容が消化できないままタクシーを拾い、
監察医務院へ向かう。(解剖…?)

その朝、Reikoと婚約者のAさんは一緒に過ごしていた。
挙式の打ち合わせをしていたら、胸をかきむしる仕草をし、
バタッと倒れたまま反応のない彼女を抱きかかえ病院へ。

すでに息絶えていた彼女の肉体は、
不審死として監察医務院へ移され、一緒にいたAさんには、
殺人の疑いがかけられていたが、解剖の結果、死因は、
扁桃腺の腫れによる窒息死…ノドが完全に内側から塞がれていた。
笑顔から死まで、3分。

享年、22歳。
求めた幸せを目前にして、彼女は逝ってしまった。
「幽体離脱は危ないよ。命の無駄遣い!」
と、忠告とも遺言とも云える言葉を残して。

Aさんも私もご家族も、Reikoが扁桃腺を患っているとは、
誰も知らなかった。
もしかしたら本人も…。
「嫁入り前の体だから」 と冗談ぽく言って、些細な症状でも
病院通いをしていたが、ついえて肉体から幽体は切り離された。

生前、
「幽体離脱したがる人が多いけど、代償が大きいって解ってるのかなぁ」
「体質的なモノだけど簡単。でも見返りを払う段階になって後悔するよ、きっと」
これが彼女が残した “ 命を懸けた遺言 ” となった。

痛みを目の当たりにしていたから
意図的に幽体離脱をしようとは思わない。

それでも 不意打ちで来られたら (?)
生身で今生にいる間は、備えを置いての仕事中以外は
拒否るしかない。

すべてが透けて見えたら、プライバシーは不在になる。
….というか、それって不気味でしょ?!  (と思うのだけどw)


疲れたら ペトリファイドウットを味方に

木化石(ぼっかせき)とも
珪化木(けいかぼく)とも…

世界統一して呼ぶなら、ペトリファイドウットと言われる、

文字通り 「木の化石 」 は、
地質時代の木が化石となり珪化したもの。

含まれるイオンの成分によって、さまざまな色になる。
一つのペリファイドウットでも、ベタな単色はない。

主になる色が各々あり、そこに幾つかの色が混じり合い、
一つ一つが異なる模様をハッキリ押し出している。
赤・ピンク・茶・黄・ベージュ・白黒・グレー…etcもっと!!










めまぐるしく変化する大自然との
数億年単位の長い付き合いによって、
神秘の力が凝縮されたパワーストーン。

効能として挙げられてるのも
数知れずの、守護パワー最強お石様。。

まず最初に挙げるべきは、
疲れている人の体力を、
オーラから肉体へとパワフルに補い、

「生命力の底上げ」をトコトンしてくれる。

ここんところ 体調に自信が持てなくて…と言う人には、
「バッチリいけるわよ♪」のパワーストーンといえる。

 









強固な意志を養い、ブレなく、
自ら決めた道を、
迷いなく進めるよう強力に後押しをしてくれる。

また、このストーンを持つと人道的な精神が覚醒し、
それが忍耐力や精神性を高め、その結果として、
希望が現実化する…つまり、叶う。

自ずと、石の持主に「感謝の心」が広がり、
それがまた、望むあらゆる幸運を連れてくる。

ペトリファイドウットは、眠らない…
寝る間を惜しむかのように、常に所有者のために、
高みへ高みへと導いてくれる有難いストーン。

このストーンに動かされて、無意識に…
気づかぬうちに努力なるものをしてる事になる。

その第一歩が、
やはり、体力&生命力という訳である。
肉体を持ち生きてる者が、苦もなく達成するには !
カラダと精神の健康があればこそ!!
まして持続力ともなれば…!









8月・お盆の帰省で、突然、父から
「今のところを退出して、新天地に越したい」
と宣言され慌てふためき 、探すのにも心身がぁ(T.T)
の…はずだった(?!)..なのに…不思議。。

その引越日が、まさに今日。
通常2ヶ月余かかると言われていたが、半月足らずで万事解決。


心霊ホテルに泊ったお客様by銀座時代

十数年程前…銀座でクラブ経営していた頃の実話。

0時以降は、予約を頂いていた常連様の占いをして
…気づけば朝6時 ! なんてことも珍しくなかった…そんな時代のこと。

お酒も入っての接待は、深夜23:45で終了。

0時を挟んで、ゴロリと雰囲気が替わり、
急ぎの鑑定を望む方々が入店されると ドアの鍵もガチャッ。密室を作る。

マリアージュフレールの紅茶とフルーツを用意したら
従業員は片腕一人残し帰宅…守秘義務遵守を目視できることが
当時の客層では絶対条件の一つで、行列なんて、とんでもない話。

いわゆる「対面鑑定」で、霊感霊視・お祓い・祈祷・大願成就etc…
店内で尽きない内容は、電話占いへと移行して、遣っていた。

世間で偉大だと仰がれる方々には、また、それ相応の悩みが、
いとまもなく相次いで起きる…が、悩みがあることさえ悟られてはならず、
皆さん「お忍び」で訪れる方々で、互いに深夜がベストだった。

そんな緊迫した空気を破って、
0時以降はダメだという「掟」を蹴散らして…Aさんから
店の電話にガンガン。鳴りやまぬ音にやむなく出ると、

「ママ、頼むから聞いてくれっ! ここ開けてくれーっ!! 」
ドアの外側にいるらしく、おびえた声は電話無用で響いてきた。


Aさんは関西から出張に来ていた某製薬会社の部長で
一時間ほど前に「定宿のホテルに行く」と、接待を終えて帰ったばかり。
(接待も上々に運びご満悦だったのに、わずか一時間でなんだろう?)

店内で対面鑑定…というより
スピリチュアル的コンサル&祈祷をしていた時に、
まさに、よりにもよって! (集中力が切れるじゃん) !!

医学界の大御所を奥まったL字型の席に待たせて、
怒りを隠した笑顔 で、ドアを開けた。

Aさんの顔を見るなり「ひぇーっ?」 …お顔がゾンビ。血の気がない。
ドアに近いカウンター席でグイッとお水一杯 飲んで、

「僕は、ボクは異次元に触れたらしいんだ。憑依してないか視てっ!」
「というより、お願い! すぐにお祓いして。頼むょ~~(涙声)」

大御所先生が死角になる席にいるとも知らずAさんは、
怒涛の如く恐怖体験をまくしたて始め…こうなると、もう、止まらない。

「予約いれずにKホテルに行ったんだ。それでいつも泊れたし…」
「今夜も満室だって言われて、寝られたらいいから先週の部屋でいいよ」
と言ったら妙な顔をされて、

「お客様? 当ホテルには、そのような客室はございませんが…」
と 逆に戸惑われて、
「先週の水曜日も僕はここに泊ったけど?」 と言うと…
パソコンで調べ始め…結果!!

Aさんが宿泊した形跡も残されてない上に 、Aさんが言うタイプの部屋は
「今のご時世でそのようなお部屋は….。どちらかの旅館では?」… と。

Aさんは酔うほどお酒を飲まない。頭の回転を温存する。
接待のための上京であり、冷静沈着な人だ。

そのAさんが繰り返し語る内容は、一貫していた。

先週の水曜日に会社近くのKホテルへ行くと
「本日は満室で申し訳ありません」と丁重に断られたが、
すでに深夜1時を超えていた。

朝一の新幹線で帰阪するから寝るだけだとフロントに告げ…
「この時間じゃ日比谷公園で寝るしかない」

「ここが満室なら、ほかのホテルを回っても空きはないでしょ?!」
押し問答の末に、Kホテルからの提案で

「お客様? 本当にお休みになれるだけでよろしいのでしょうか?」
と確認され、スーツ脱いでちょっと寝れたらありがたい ! …で
チェックインした。

野宿よりはマシだとは思うほど変わった部屋だったと、
Aさんはその部屋をシッカリと記憶していた。

広さは4畳半くらいの和室で、どこにも窓がなく、
布団が積み上げられ、まるで時代劇にでも出てくるような…
「言い方が悪いけど遊郭みたいな…女中部屋みたいな感じだった」…

「いまどき、こんな部屋もあるんだなぁ。まぁ寝てしまえば同じさ」と
2時間ほど休み、チェックアウト時には会社のカードで精算し、
朝一の新幹線に飛び乗って、車中で再び睡魔に誘われ…

奇妙な部屋のことは、以後、気になる事も思い出す事もなかった。

七日過ぎて、
同ホテルのフロントとの話に至るまでは、仕事に忙殺され、
疑問を抱くことすらなかった。

この夜、薄気味悪さを払拭したくて Aさんは、
Kホテルのフロントマンに〝先週泊った部屋〟まで行って確かめたいと
先週は確かに存在していた(はずの)、その謎の部屋まで…

引き戸のドアの前まで行かせてくれ ! と、半ば強引に歩いた。

しかし、その部屋に行き着くことは できなかった。
壁に立ち塞がれて…部屋にたどり着く前に、
行き止まりに突き当たった。

記憶では、この壁の向こうに、部屋があった !
それをフロントに言うと、

「歴史がありますので…昔はあったそうですが…塞いだと聞いてます」
と正直に応えられ、
フロントマンの顔が 心なしか青ざめているのを見てとると、
確かめるつもりが恐怖に一変して…

本能的に逃げてきた…というもの。
「何故なんだかね、ここに戻るしかないって。何が憑依してる?」

Aさんは戦々恐々「憑かれてる!」と思い込んでいたが、
実際は、なにも憑いてなかった。

憑依はない! と何度言っても納得しないAさんに、
「先週、ウチの店に来なかったからヤバイ経験しちゃったのねぇ」
キャハハ♪と笑って、おもしろかった! と言ったらムッとされたけどw

実質的な被害は何も蒙ってないんだから
「忘れるか、私みたいに慣れるかしちゃえば問題ないわぁ」
で、ようやくの納得を(?)不承不承してもらった。

してしまった経験を消すことは できないけど、
大した事じゃない ! と、メンタル強化ならお得意様への得意技(?)
そもそも「開運」てのは、そこから始まる。

Aさんの突入で、大御所先生の祈祷が大幅に遅れ、そっちが
よっぽど気になる!!…ところだったが、
さすが大御所様 ! …席に戻れば、クスクスと失笑モードだったらしい。

「いやいやぁ、お陰で緊張感が解れてきたよ」…と(笑)ww

そうなのだ!!  昔から常連様はこの手の話には、まるでビビらない。
…というか、現実問題が真剣に深刻なのだから
「生きてる人間の方が、慢心で何をやらかすか? よほど恐い!」 となる。

銀座なんて、生霊ビシバシッと、
情報と同じく電光石火で飛んでたっけ。
あれらも必要な経験だったと、今なら、思えるけど。。


エナジーバンパイア対決にレーザークォーツ

エナジーバンパイア被害が増えている。

電話占いという仕事柄そう感じるのかもしれないが、
とにかく、ほぼ毎日お祓いしてエネルギー入れて
電話中に必ず元気になってもらうのが、
いまや最優先事項になってるような…。

元気じゃなきゃ、そりゃ恋愛も仕事も楽しくない !

「エナジーバンパイアに対処できるパワーストーンは何?」
と訊ねられることもあるが…
レーザークォーツは取り扱いに充分な注意が必要で、
いわば 「諸刃の剣」 となる水晶の最高峰かも。。

写真を載せても
レーザーなのか? レムリアンシードなのか?
まったく区別が付かないし ヘタしたら誤解を招く…それが怖い。

パワーストーン専門店のHPでも
時折 「それ! 違うでしょ?」 というのを見かけるほどに…

水晶だけを扱う専門店で 長年営み、
現地買付に行ってるところなら
職人肌的な聴覚と触覚で 「目利き」 も容易く
証明してくれるし、ほかの水晶との違いも教えてくれる。

レーザークォーツの産出量が激減して
仕入れ価格が高騰してきた! と聞いてから
すでに10年以上が経っている。

このレーザークォーツの何が危険なのか?!
危険度と役立ち度が 同じことになるのだが、
まずは、
無作為に他人に向けると、その人のオーラを切り裂く。

相手がエナジーバンパイアで日常的に被害に遭ってる !
ならば、レーザークォーツは武器として役立つ!!
もっとも…これは、
「ヤラレル前に、やっちまえーー!!」 的になってしまうけど。

まさに、
「攻撃は最大の防御」  という言葉がふさわしい水晶となる。

エナジーバンパイアと会わなきゃいけない…
エネルギー盗られる前に、盗っ人パワーを切り裂けーっ!! と
レーザークォーツをバックから取り出しサクッと一振り。。

優しい天使のような守護石というよりは、
霊的な戦闘にはサイコーです! …と言うべきかもw
(Michael大天使のような感じで)

パワーストーンに興味を持って比較的初期に
始めの一つを購入した。
その時に、さんざん言われたのが、
「絶対に! 不注意で人に向けないでくださいね」だった。

しばらくして別の店で、
なんかこの水晶を気に入ったぁ!! と購入した時も、
「意図がなくても人に向けるとオーラを切り裂きますから注意を!」だった。

挙句の果てに…
「水晶だから銃刀法違反にはなりませんけど」
とまで…オマケの言葉がついてきた。

扱い以上に難しいのが、見分け方だが、
レーザークォーツは採掘された状態で売られるので
当然ながら先端が尖っている。
間違ってもブレスに加工されることはない。

その尖端の近くをレーザークォーツ同士で
軽く、ぶつけるようにしてみる…
と、かすかに金属音のような音がする。

普通の(?)水晶同士ではコンコンと鳴るが、
レーザークォーツでは、キンキンと鐘の音が混ざったような音。

聞き比べてみないと分からないのが 難だが、
あきらかに「音」 が違う。
そのため 「シンギングクリスタル」 とも呼ばれている。
(※ クリスタルボールとは全くの別物)

もちろん電子顕微鏡でも分かるが…
そんなモノを持って行く…持っている人が少ないだろう。

ズシッとした重量感があり、先端に近づくほど透明で
氷のような…クールな美も特徴の一つといえる。

クールビューティーなレーザークォーツは
パワフルに部屋の浄化もしてくれるし、
邪気が飛んで来ても、日本刀の如く切り捨て御免が瞬時にできる。

平和な日常の中にあっては、
瀬戸物(土で出来てるから)か、もしくは 木の器に粗塩を盛って
その真ん中に立てて置いておくのがベスト。

置く場所は、
足元よりは頭部の近く…テーブルやチェストの上など
下ではなく上の方に。。

お香の煙も上に流れる訳で、そもそも
邪気は下からは飛んでこない。
上から来るから頭痛や肩こり首こりetcメンタルに支障をきたす。

飛んでくる生霊にも対処してくれる用兵のような水晶♪
それが頼もしき哉 !  レーザークォーツ。


開運の石・ジルコン・電話占いプレゼント

ジルコンの和名は、風信子石で
特徴は、金剛光沢を持つ…金剛石と同じ輝きを有する。
金剛石とはダイヤモンドのこと。

「風信子石」も 「金剛石」も、
名前を聞いただけでは 「なにそれ?」 となりそうだが。

ダイヤモンドの模造石が 「ジルコニア」 で、
名前は似てるけど、
ジルコンは 正真正銘の天然石。

少しばかり ややこしいが…
キュービック・ジルコニアと聞けば、 模造ダイヤ!! と分かり易い。

このジルコンの色は豊富で
色によって意味合いが少しずつ変わるが、
どの色にも宿っている効能は…

ピンチに陥っても、

対処する能力を潜在下から引き出し、乗り切るすべを
劇的に与えてくれる…人生のサポーター♪
運気アップ(開運) の守護石といえる。

その証しのように 石の中から輝きがキラキラ !!
(さすがダイヤモンド光沢=金剛光沢♪)
そして、ズッシリとした重みがある。

写真では、光沢も重みも 伝えきれない。
(それが残念だけど 言葉を添えれば ある程度は)

濃いピンクのジルコンは ↓ (原石)


黄緑のジルコン原石は ↓


紫色系のジルコン原石は ↓




叶えたい夢がある…
達成したい目標がある !!…
だけど、
大きな障害が立ちはだかっている。

本当に、挑戦していいのか?
自分に自信が持てない…「どうしよう?!」
そういう人を応援してくれる、軍師のようなパワーストーン。

挫けそうになっても、その心を支え、
メンタルを強化して尚、健康面での支援にも長けている…
ゆえに、一個は持っていたいパワーストーン。

産出量が少ないためか
主に ペンダントトップ(ルース)や指輪にブレスなどの
装飾品にされることが多い..が。

できれば原石で持つ方が
ジルコンの効果を早めに実感できる。
手のひらに握っていると ジワリと熱気を帯びてくる。

ポジティブエネルギーに満たされると、
それまであったはずのネガティブなモノは自然消滅している。

※拡大写真は電話占い聖庵・会員プレゼントでご覧下さい。


エナジーバンパイア被害・パワーストーン編

なんとなく疲れる…
それが最近ひどくなってきた気がする…眠気が…
と、電話占いにも絶えず寄せられる被害が、
エナジーバンパイアによる体調不良。

ヤッタ方は、もちろん故意によるもの。

ヤラレた方は、「今すぐ治して! ツライのよっ」 と。
当然そうなる。まずは心身快癒から!!

昔は…バンパイアという言葉が使われる前は、
そのまま…エネルギー吸い取り体質と言っていた。

なかでも、
生まれながらのエナジーバンパイアは最強に凶烈。

サイコパスであるため、感動や感性が希薄であり、
自分の感情にだけ素直(?)で、思い通りにならないと
逆恨みをして、負のエネルギーを飛ばしまくる厄介な人種。

このタイプは、人や動物だけではなく、
パワーをそこに見出せば、植物も枯らして
パワーストーンは、只の石となる。

パワーがなくなったら、どんなパワーストーンも
「ただの石」…鑑賞石にさえ成り得ない。
例えて言えば、墓石のようなイメージ。
墓石を見て「あぁー素敵だわ」は、ないだろうから。

電話占い専業となったころ、
(在籍していたA社に過酷な労働を強いられ視力激減!) 疲労満載で、
「ナントカして~」と某パワーストーン・ショップに頻繁に通っていた。
そのころは、
霊能力アップというより、体力UPの石を求めてだったけどw

生きていれば無限に供給されるとばかりに、
エネルギーというものを、湯水の如く使いすぎていた。

月曜日に送られてくる今週のご予約表に、クラクラ目眩がしても
忠実に(!) 電話占いで、霊視・お祓い・除霊・故人との対話からetc
ナンデモ来いーっ! ! とヤッてた。
なかでもエナジーバンパイア被害の方がホント多かった。

天地エネルギー消費量が半端なく、気づけば…
行きつけとなったパワーストーンショップのオーナーも視える人で、
被害を石が受けてしまうと対策を講じていた。
が、やはり万全の策はないと、被害話を聞くこともあり…

その1つが
「マジ?  わかりやすいぃ!」 と驚嘆するものだった。

原石がほとんどの店だが、ピアス類も置いていた…
…ある日曜日に 女性2人連れが来店し、
1人がインカローズのピアスを購入し、そのまま着けて帰った。

2時間程した頃、ピアス購入した女性客が再来店して、
「なによコレ? 真っ白じゃないの ! インカローズが欲しいのよ」
大変な剣幕でまくしたてられ…見たら、ナンダこれは ! の石危篤。

「取り替えて!!」 と言われ、言われるまま別のピアスに交換した。
もちろん、お望みのインカローズのピアスに!!

普段は鍵をかけたウィンドーの中に置き、目配りもしてなかった品だが
交換して渡すときには、シッカリと眼に映写していたと。
案の定で
2時間ほどしたころ、
2時間前と同じ台詞を携えて その女性客がやって来た。

「なによコレ! インカローズのピアスが欲しいのよ。真っ白じゃないのっ!」

怒り心頭で怒鳴る客相手に、目線を合わせないようにして、
「お渡しした時は、紅っぽいピンクでしたよね?…代金はお返ししますが」
と念押しして!

「ここまでエネルギー取られると石が可哀想ですから」 と言ったら、
「こんな変な店は2度と来ないわ」と、捨て台詞いわれ…
…2度と来ない=ありがたい! となったが、
5Aクラスのインカローズ・ピアスが2セットご臨終の被害。

ペルー産5Aのインカローズの色は ↓ これ



これが、「卵の殻」のような…マットで光沢もない真っ白に。

グラムではなく小さな物の扱いはカラット計算だが、
それにしても!!  わずか2時間で吸い取り尽くすとは…!
逆に言えば、大きな石なら数日はかかったかもしれないが。

エナジーバンパイアだと分かったら、
決して、目を合わせてはいけない。危険だ!!

パワーストーンよりもパワーがある人間相手なら、
目vs目で、じかに吸い取っていく。
しかも盗られた方はなかなか気づかない。

期間を置かずに度々盗られると、本能が警鐘を鳴らすが、
疑うことが恐怖で放置してしまうケースが多い。

怖いことは認めたくない…認めた時からもっと怖くなる..らしい。

最終段階に傾いて、ようやくお電話をいただく。

色石なら色を失くしたり、レインボークォーツの場合は
レインボーが消え去り、光沢が薄れ、イジラレもう無理 ! となるが、
肉体には 「ツライ」 という信号が付いている。

病気かっ? と病院へ行き
「原因不明な」病名を名づけられる前に、
早目に気づけば、意外と簡単に対処できることも。

やはり…お客様には禍々しい言葉は申し上げにくく、
…ただただ真言唱え全霊用いては、季節問わずの汗まみれで、
祓って祓って倍返しーー! チャクラ掃除して天地エネルギー注入!!

電話中に完全に体調改善しなければ、
エナジーバンパイアの存在を申し上げても、実をなさぬ花のごとき事かと。


行人塚で祈る電話占い

世間とは少し遅れて帰省し、
8日夜に戻ってきた。
帰省前にご予約を頂いたY子様の電話占い(?)へ !
すぐさまGO☆

電話占いのカテゴリーで密教というのも
「ン?」 なものだが、そこは…
単なる表現の相違ということで(汗)

電話占い&密教秘技に入る 7時間前は…

即身仏されたご先祖様が眠る行人塚で
一心に真言を唱えていた。

菩提樹の目が入った長い数珠を左手に持ち
右手で手繰り、 線香の煙たなびく前で威勢よく、

「ナウマク サマンダ バザラ ダンカン! 」から始まり
馬頭観音様、如意輪観音様の真言も
欠かしちゃいけない。罰当たりになっちゃうw

何故って?
即身仏様の両脇におられるのに無視したら、
それって…お祓いや祈祷で尽力してもらってるのに
恩知らずになる。

由縁は408年も前の事で 正しくは知るすべもないが、
とにかく、そこに、祀られているから…。

仏像自体は永年の風雨で削られたが、
刻印された神仏様の名は裸眼で解読できる。

宝篋印塔も苔むして歳月の長きを窺がわせる。
風も雨も時代も、流すように削り去ったのかと…




不動明王様を筆頭に、
あまたの神仏様のパワーに与って密教が駆使できる。

年始の帰省のときは 緑とぼしく淋しかったケヤキも
若葉が茂り 「木も生きてる」 と自身の生と合せ鏡にし、
なんだか戦友みたいな気分に…(木が友!?)



木霊 がある。


電話占い アメジストとエナジーバンパイア

アメジスト(紫水晶)はパワーストーンに興味のある人なら
知らない人はいないだろう?! ポピュラーな石。

なんだけど!
奥の深い効能や使用法によって変わる特性については、
現実は…一部しか知られていないように思う。

家で例えれば、玄関の素敵な佇まいはよく知ってるけど
各部屋の特徴までは把握しきれないわ…みたいな !

効能の一つに、 高い振動数で金色のエネルギーを放射し
サイキックアタックから守る! という心強いパワーを保持し、
ネガティブなエネルギーを無効にするというのがある。

因みに、サイキックアタックとは、
意識・無意識に関らず、好からぬ感情や思考を
他人に飛ばす行為だが、
それを受けた人は病的症状を引き起こすか、
精神的な混乱を引き起こす。

もしもエナジー・バンパイアが、意図して行えば、
何が起きても おかしくない。

軽度の病気やストレス程度で収まるべくもない。
なにしろ他人のエネルギーを吸い取り、
それをエネルギー源にして能力を発動させている。

ここ数年は特に、電話占いを超えて
エナジーバンパイア被害を受けている方からの
ご依頼が増えている。

「祓って倍返し(!?) 」…体調もメンタルも電話鑑定中に治すが、
強気のエナジーバンパイアは何度も仕掛けてくる。
3倍返しだからダメージも相当受けているはずだが、
ターゲットを定めたら易々とはあきらめない、粘着質。

とことん戦って、送られたモノを送り返すうちに、
エナジーバンパイアの体調は健常人ではなくなる。

被害を蒙っていた人は、心身の調子を取り戻し、
奪われていた運気も戻り、開運的な効果を得る。

戦うプロセスで、持っていて欲しいのがアメジスト。

↓ セプター・アメジスト 510g



霊的な力が最も強い石の一つで、神霊との繋がりを深め
直観の目を開き、心霊能力を高める。

裏を返せば、その強力さにより、
妄想しやすい人や現実感がない人、統合失調症の人が瞑想に使うと、
エネルギーが頭頂部に集まりすぎて逆効果になることも…

まるで、効き目の強い薬は 副作用も強くなるのと似てる。

アメジストの仕事は、
オーラを穏やかに浄化し、オーラの傷を修復し、保護し、
神聖なエネルギーを引き入れること。

これらのシゴトが土台となって、
霊的パワーの必要な問題なら、“守り” も “攻め” も
“再構築” も…オールで難題OKとなる。

日常生活の現実的な役立て方としては、

頭痛や外傷、打ち身などを軽減させる。
免疫力を強化し、代謝の調整を図る。
血液の浄化作用に優れている。
腸内環境を整える…etc

やや非日常としては、
アメジストと一緒に眠ると、幽体離脱を促し、
直観的な夢をもたらす…
遠距離恋愛の人には 打ってつけなツールになるかも。

↓ アメジスト・ジオード



↓ アメジスト・ドーム



↑ 玄関やリビングに置いて、
「福を招き入れる」カタチ。

手や指先をうっかり傷つけた時は、
バンドエイドよりも そのまま指や手を入れ
痛みも傷も治す♪という方法がある。

数々の効力をもつアメジストは 本当に凄い石なんです。
電話占い聖庵会員様プレゼント欄には、今は1つしか載せてませんが、
ご希望があれば、プレゼントアメジストの写メをお送りします。


夜明珠+オプシディアン電話占いプレゼント

電話占い聖庵会員様プレゼントのパワーストーンの中に
「なに? これ! 」  と言われる石がある。

どれのことかしら? と思って見直すと、
夜明珠だった。

夜明珠(イェミンジュ) は、見た目で夜光石とも呼ばれる。

電話占いプレゼント欄に載せているのは、
溶岩石(ブルーオプシディアン)の中に
夜明珠を入れて、遊び心かアートか?!…
化粧を施した天然石だが…。

写真では、人工に見えてしまうらしいw
本当に人工ならイヤだけど、
人工に見える天然石なら
「おもしろいかもぉーっ!」 と 思うのは私だけ?

電気を点けてたら、こんな感じのが…




…部屋を真っ暗闇にすると、こんな感じに。




「錬金術の石」 と言われ “霊験あらたか” なのに、
知名度となると…知る人ぞ知るパワーストーン。

暗闇で実物を見ると Oh! となるのだけど。

古代中国では皇帝が所有していた貴石。
神秘性と希少性については記載が残っている。

秦の始皇帝が中国全土を天下統一できたのは
「夜明珠」があったからだとも言われていて、
始皇帝の一族から子孫まで栄えたのも
「夜明珠」の霊験があったからだと。

モンゴル帝国の初代皇帝チンギス・ハーンが
肌身離さず身につけていたのも「夜明珠」。 それは、
子々孫々と受け継がれチンギス・ハーンの子孫も繁栄を極めた。

清の時代では、西太后の冠に夜明珠が飾られていた。

↓ 色味が異なるタンブル。




緑は、元素が土。地球・土台・癒しを示し、
体では肝臓をサポート。

青色で、光ると水色のは、元素が水。
情緒・対人関係・創造のパワーを示し、
体では腎臓をサポート。

光ると濃いめの青色は、元素は空。
運命・宇宙とつながる・天の声を聴くとなり、
体では心臓をサポート。

まとめてしまうと、
持つ人の肉体・思考・魂(スピリット)
を統合し、より完全な存在に変容させる石。
細胞レベルまで輝かせることで、
その人自体が輝き、いろいろなものを惹きつける…

といった、持主に錬金術をもたらす石 !!
それが本物の夜明珠=イェミンジュ♪

ブルーグリーンオプシディアンも、
これまた霊石で、電話占いでは霊視を助けてくれる
ありがたーいパワーストーンなのだが、人を選ぶ。

さらに、
霊的なレベルでの成長のためなら
容赦ない手段でその闇の部分を見せ、解放と覚醒のために働く。

原石は ↓ こんな感じで…。



コラボした夜明珠の卵形・緑色 ↓




真っ暗闇にしないと眠れない私は寝室には置けない。
直系80mm程のを置いて「イザ! 睡眠zzz」となったら、
まぶしくって「邪魔ーーっ!」 と内心叫んだ経験あり。

翌日にはリビングへ移して、電気消し眺めてましたw
行灯のようだわ…と何気に思いながら。

※クリックで写真拡大は電話占い聖庵の
会員様プレゼント欄をご覧ください。


シトリン・プレゼント・ 電話占い聖庵

電話占い聖庵会員様プレゼント欄で
最多で載せているパワーストーン写真が、シトリン♪
と今更ながら気づいて、効能や特徴などチコッと。

↓ レインボー入りシトリン丸玉 直系4.5cm




和名:黄水晶で、モース硬度も水晶だから 7。
携帯しても破損の心配は ほぼ要らず、
営業系の人が持ち歩けばgoodな石。

経営者の人なら、大きめシトリンを会社に置くと有益かも!!
自宅なら、財布や通帳などを置いてある場所の傍に置くのが、
現実的にベスト。

↓ シトリン・ポイント (六角柱)  1.1kg



「太陽のエネルギー」 を伝えることから、
強力な浄化作用と再生作用をもち、
その活性化作用によって、
シトリン自体が自己浄化をする珍しい石。

ネガティブなエネルギーを吸収し、変換し、
グラウディングして環境を整える。
積極性をはぐくみ 勇気や希望をもたらして、
人生のあらゆるレベルを活性化する。

※1番の特性としては、
ナントイッテモ 『富や成功を引き寄せる』 パワーが、
群を抜いている。

引き寄せた富の維持も助けてくれるが、
貯蓄にひたすら励んでの維持ではなく、
望むものに使いながら循環を繰り返して、
なお、財運を運んでくるというもの。




会社をもっと拡大したいとか、
新規事業に着手して成功を収めたいとか..
財を循環させるために、新しい経験を楽しむことを奨励し、
プレッシャーを押し返して、
最良の結果が出るまで、
あらゆる可能性を探るよう働きかけます。

心が活性化しているので、
「無理」とか「できるはずない」が頭をもたげず、
楽天的に将来を見据えて…簡単に言えば…
根拠のない自信に 背中を押される感じで、
気づけば、成功への道を盲目的に(?) 突進していたりする。

電話占いの際に、時折お話させて頂くのだけど、
「実用的に使うのに 一つあるからイイ! はナイ! です」と。
たとえば、
福沢諭吉様がたくさん入る財布を一つで!  は、
財布1つ分のソコソコで了解です…みたいな。

…妙な言い方だけど、的を得ているかと。

金庫に詰め込みたいと言われたら、
「その金庫は、どの位の大きさでしょうか?」
キャパは?…シトリンと話すと、そんな会話になりそう (汗)

2つ以上シトリンがあったら、
玄関を入って、家の(部屋の) 1番奥の左角のコーナーに置く。
入口から向かい左手奥の角は「富のコーナー」に当たるので♪

↓ シトリン・クラスター 【シャーク】



このユニークな形の中に “ヒミツ” がある。

1本のシトリン水晶が、別の1本のシトリン水晶を、
上あごと下あごでシッカリくわえてる=シャークの呼称。
上下でくわえ込んでいなければ、シャークにはならず、
実物をよく観察しないと分かり難い。

シャークの意味は、
その時に必要なモノ・欲したモノがなんであれ、
運んできてくれる…というもの。

人でも財でも能力でも、なんでも ! 一度くわえたら放さず、
届けてくれることを約束する。
ピンポイントで、いっときに 1つずつ心願成就させる。

因みに、レインボーの出ているモノは、
“希望” を表している。

↓ 持ち歩きに便利なサイズのシトリン



※拡大写真は、電話占い聖庵・会員様プレゼントをご覧ください。


Copyright (C) 2015 電話占いの聖庵 All Rights Reserved.