電話占いの聖庵ブログ

電話占いですが霊媒霊能体質で祓って体調を即座に改善するのが得意です。占い越えて恋愛相談を視てると生霊が裏側に隠れてたり・・開運術へGO! 密教パワー

カレンダー

2020年8月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別アーカイブ

最近の記事

RSS FEED

悩み相談SOSの優良カウンセラー

電話占いプレゼント③

高波動パワーストーン・セレスタイト (セレスティン) 550g


お部屋に1つ置いてあると、
「リラクゼーション・ルーム」へと変換できる 高波動をもつ稀な石。

和名が「天青石」で、名前そのままに 天上界の石とも呼ばれ、
一般的には、「神のエネルギーが浸透した石」 と言われている。

この石だけは、肉眼で見るだけでも大変キレイで、
色味が水色~青の半透明の、アイスブルーな色。

アイスブルーと言えば、
ハワイの秘法である 「ホ・オポノポノ」 の浄化効果のある言葉だけど…

セレスタイトを電話占いのお客様にお送りする際に、色の説明をするが、
「美しい氷山のような色で、アイスブルーです」 と清々しさもお伝えしている。

太陽光が直接当たらない場所に置かないと、
紫外線に負けて色があせてしまう…パワーが高い石は、同時に繊細なのも特徴。

さらに加えて、
モース硬度が柔かい。水晶が7あるのに比べ、その半分の3-3.5となる。
そのためアクセサリーに加工するのは至難の業で、
あらゆる化学的処理でも行わない限りは、原石のまま所有するのが通常であり、
枕の隣に置くのでさえ思慮が必要となる…絶対に触らない・殴らないとw

寝相の悪い人が、セレスタイトを溺愛して枕の隣に置いて眠り…
翌朝 目覚めたら ! 石がボロボロになってたw 「誰の生霊を受けたのかしら?」
と訊ねられて霊視すれば、なぁーんてことなく…本人が右手の拳でボカッ! としてたり。

割れたからと言っても、効果効能がなくなる訳ではないので、
盛塩のようにアチコチに配置して良し! なのが原石の良いところかも。

セレスタイトは、お香やホワイトセージによる浄化もオススメできない。
ヤニが付着して、キレイなアイスブルーが濁ってしまう。
鐘・鈴・オリンの音で浄化すれば、パワーアップも充分に見込める。


↓ スピリチュアル・セレスタイトの母岩を削ると ↓こんな雰囲気に。



天使の領域とコンタクトを取る石としても有名で、
幽体離脱によって、なかなか会えない人とのコミュニケーションを取り、
純粋な心を蘇えらせて、幸運を引き寄せるパワーを持つ稀石です。

そのため「幸せな結婚」を効能に掲げていたり…しますが、
その人が心から求めるモノを、引っ張ってきてくれるパワーストーン♪

オーラを癒すのはもちろんの事ながら、次に、真実を明らかにしてくれる。

バランスと調和をもたらす石なので、
もし、誰かとケンカ中か!… もっと深刻に紛争中であれば、
明らかにされた真実の中に「解決方法」を直感的に見つけ出し、
機能不全に陥った関係を、おだやかに改善してくれます。
しかも、ストレスを感じることなく !! 寛容に。

また、この上なく創造性に強い石で、芸術には特に有用です。

新しい経験を、より積極的に受け入れるよう促しながらも、
おだやかな強さと、内面には大きな安らぎをもたらします。

鎮静効果があり、激しい感情を沈めることができます。

取り越し苦労の多い人にも打ってつけな石で、
心配を取り払い、精神のバランスを取ります。

守護霊様やアセンデッドマスターとのアクセスも取りやすくなり、
結果として、「何故か?!」 といった感じで自信が持てるよう変わり…
不安やストレスがなくなることによって、チャレンジ精神も旺盛となり、
あきらめる心を抹消させて、開運へと繋げていきます。

↓ ドーム状のセレスタイト 1.3kg



山の頂の噴火口のようにグォーッとパワー発射 ↑

 

↓ タマゴ形のドーム兼任セレスタイト 2.1kg



これは正面からミサイルの如く(?)…パワー炸裂♪

覗き込むことにより、細胞レベルで直にパワーの取り込みが可能です。

ヒーリング効果としては、
毒素の排泄・細胞の正常化、目・耳・咽喉の痛みなどに対処し、
鎮静作用によって筋肉の緊張をほぐすなどetc

※大きな写真は、電話占い聖庵・会員様プレゼントにあります。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]

電話占いプレゼント②

フローライトをいつから好きになったのか…
なぜ好きになったのか?

ラブラドライトの時のような 鮮明な記憶はないけれど、
(電話占い専業になってからのような) ….
気づけばフローライトが、家中至るところに 配置されてる。

まるで護符のように !!
あるいは結界でも張るように !!


パワーストーンを購入する時に、効能云々については 一切調べない。
直感で「これ、必要!」  と閃いたら即購入するが、肉眼による美の追求はしない。
パワーストーンには、当然ながらパワーだけを徹底して求める。

電話占いをしていなかったら、
パワーストーンには…目もくれなかったかも…しれない。

霊視も、お祓いも、祈祷も…密教の力を実践しなければ、
生きていくエネルギーはあるから、それで充分なはずだった。

お祓い・除霊が多くなり “守りと攻め” の両面から、
自ずと、あらゆるモノを取り入れてきた。

パワーストーンは、その中の大切な1つで
フローライトは、守衛のような役割で、常に傍に置いている。


昨日やってきたのが、これ ↓


グリーンを中心に、青・紫・白・黄色と広がり、ほぼ全色集合の1.8kg

ボコボコと穴でも開いてるように見える箇所は、
色味がグッと濃いためで、肌ざわりはスルリとなめらか♪

フローライトは色のバリエーションが豊富で、
2色以上となるとバイカラーと呼ばれ、効能にも相乗効果が現れるが…
その効果効能ってなに ?
どんなパワーがあるの ?

必然的にそうなる訳で、 体験も踏まえて…一部チコッと。
(写真のフローライトは、長く私のところに留まらずに、御魂入したら
どこかに飛び立つような気が…すでにある)

フローライトは、一般的に 【天才の石】 と呼ばれている。

脳の働きを活性化させ、
集中力や記憶力、思考力、判断力、分析力を高める。
潜在意識を顕在意識まで引き上げ、意識を高いレベルへ持っていく。

精神面への癒し効果が高く、ストレスや心の疲れを取り除き、
心身の調和をもたらし、感情の乱れや混乱を除く。

脳を活性化させ、ネガティブな感情を解消させながら、
頭の疲れを和らげ、リラックスした状態へと持っていく。

おとなへと成長するに連れて固定化されてきた思考パターンや、
抑圧された感情から 自分自身を解き放つために働き、
自由で無邪気な発想や 思考力を高めてくれる。

また、問題解決を助ける石でもあり、悩みや迷いのある人に対して、
エネルギーを純化し、希望を持たせ、解決方法へ導いてくれる。

特に、どんな人に必要か ? となると…
受験や、なにかの資格試験などを控えた人にはNO.1の石。

もしくは、試験じゃなくても、大きなストレスを抱え込んでいる人に !
たとえば、「もう辛くて生きるのもイヤ!」 が口癖になってる人に(汗)

※色別にもチコッと特徴を。


↑ 緑系は、リラクゼーション効果が高く、そのヒーリング効果は
ほかの石と比べてもかなり高い。疲れた心と体を癒してくれる。
枕元に置いて寝ると、安眠に導いてくれる。


↑ 紫系は、霊的精神性を向上させ、精神性、意識を高める。
浄化能力が高く、ストレスを解消して、リラックスさせる。
強力な守護力を持つ。



↑ 全色が、層のようになった丸玉。
…となると、なぜか突然 「心願成就」 となる。

霊的なエネルギーが強く働く石だから、なぜ? もないかも。
「不思議だけど、そうなったのょ」という感じで理屈も通用しない強さを持つ。

持ってる、置いてる、ある…唯それだけでは、石も働かない。
見る・触る・頼む(?)…方法はどうでもいいけど、コミュニケーションを取り、
石と仲良くしていないと、夏でも冬眠状態に入っちゃう。

働かせたら、浄化もしないと…疲れた石へとエイジングしちゃう。
ときには、姿を隠してしまう。「ここに置いたのにナイ」 消えた ! と、
時折、お電話頂くけれど、石も意思を持って キャパ超えたら隠れんぼ…
珍しくもない現象なんです。

邪気を身代りに受け続け、浄化が足りていないと、
ご臨終チーン! …もう、残念ながら復活は難しいです。
なんて経験も少ないけどある。

昔々のことだけれど、
プレゼントでお送りしたアクアマリンのペンダントトップがドロッとなって
「もう1度、御魂入してぇ!」 と言われても、ご臨終ですチーンの世界だった。
聞けば、丸1年着けっ放しで忙しく 浄化せずに願い事だけ熱心にしてきたそうな。

石にも過労死ってあったのね…と送られてきた石は地球に帰しましたケドww

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]

電話占いプレゼント①

ラブラドライトについては以前にも書いたけど、
語り尽くせない能力をもつパワーストーン1位が、ラブラドライト。

電話占いのお客様方へ「幸運あとおしです」とお贈りして….
…その後の驚くような結果 ! をメールで報せてくださる方が続出し、
「えーっ? ホントに! 」
効能が人それぞれであったことも含めて 人気度NO.1 の不思議ちゃん。

↓ 磨き原石 1.2kg←プレゼントでは1番多いタイプ♪ の部屋置き用。




レッセンスというメタリックな色彩の光を放っている。キラーンと。
ブルー・イエロー・ゴールド・オレンジ…グラデーション系の色も入り、
裏側にはパープルも出ている。なに色か? わからないのも混じり合い、
明るいところで観ていると、色彩も 能力そのまま摩訶不思議な石 。

両手で触れて可愛がっていると、応えるようにレッセンスが増える。
それも半端なく…増殖していく。

まるで砂漠で恵みの雨でも得るかのごとく ! エネルギーが…
宇宙の叡智たるパワーが キラキラ絶え間なく注がれて !
満たすまで止まらない。

最近また「ラブラドライト熱愛」となった私は、なぜ好きなのだろう? と
ある種の実験的なことをしてみた。 期間は1ヶ月ほど。
項目も「邪気プロテクト」から「霊能力の覚醒度UP」まで10項目に分けて実践。

眠るときも枕元の左横に1kg程のを置いた。
眠っている時は無防備でヤバーイのだが、睡眠は取らなきゃ。
悪夢続きだったのが、気づけば寝起きもサッパリとしてきた。

睡眠中の脳は活発になり、内臓も休んではいない。
幽体離脱(アストラルトラベル)で肉体から離れて、ひたすら浄化をしている。
脳波を調べている医師いわく、
「じゃ、なんで睡眠が必要なのだろう?」 と課題を発見し探求に繰り出した。

科学的実験をした人によれば、
ラブラドライトに触れると、リラックスに必要なアルファ波が増加し、
ベータ波が著しく減少する! という結果が出た ! ! と聞かされ納得♪
モーツァルトが目指した「天上の音楽」と同等の効能が自然界に存在してた。



 

以下は、今現在知られている一般的な効能と特性です。

月(陰)と 太陽(陽)を象徴するといわれ、自ずと根気強い実行力を養い、
信念を貫けるよう導く力があるとされます。

「霊性を高める石」として尊ばれ、予知能力や霊的な能力を敏感にし、
オーラのバランスを整えます。

ラブラドライトの神秘的な輝きは、宇宙の叡智を秘めたものとされます。
その果てしなく壮大な宇宙空間に広がる 神秘のエネルギーが、
人間の意識レベルを超えた鋭いインスピレーションをもたらし、
直感力・洞察力・創造性を高めてくれます。

また、神秘的な波動が強く “魂のルーツ” を象徴する石とも言われ、
深く眠った魂レベルでの意識・記憶力を目覚めさせ、
潜在能力を引き出してくれます。

自信を失いかけた時に、
生まれた意味・生きる意味を探し求める人の魂に そっと語りかけ、
魂レベルでの自己への探求へと導きます。 魂の成長を促すことで
抑圧された感情を解放し、今を生きる力を引き出してくれるのです。

エネルギーを良い形で循環させるラブラドライトは、
ネガティブなエネルギーを除去するのにも有益な石で、
ストレスや邪気からの要因で起こる精神的な損傷に対しても
素晴らしい癒しを施してくれます。

人脈を引き寄せるパワーがあるので、仕事にも、また復縁したい!! など、
さらに自分と価値観の近い人や、理解者に出会いたいと
心から願った時に、成就のために、底知れぬ力を貸してくれる石です。







ひとことで言えば、【宇宙のエネルギーとアクセスする石】 で、
これ以上はない【霊石】 といえます。なぜ? って….

前世の記憶にアクセスして、インスピレーション能力を強化 し、
今生の使命を教えてくれるところまで到達できます。
因みに、モース硬度は6。水晶が7です。

 

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]

行人塚にて先祖祭祀

電話占い専業になるまでは
毎年の先祖祭祀の意味について、深く考えることはなかった。

それは子供の頃から、
決して絶やしてはいけない行事だと教えこまれ、時期がくれば
「即身仏された御先祖様が眠る」 先祖祀りは 県外組も入って一族結集状態となり、
万障繰り合わせても、怠ってはならない事であり、その独特の空気に、
「子々孫々 絶やしてはいけない」と、幼な心にも沁みこんでいた。

今年も、春のお彼岸にあたる 3月21日に、行人塚に集まり、
菩提寺の住職の読経のなか、しきたり通りに行われた。
去年とすこし違うのは、石碑が新たに建てられている。

400年祭のときに「即身仏とは…」云々の石碑を建てるという案は、
先祖祭祀の場で献杯のあとに耳にしていたが、沙汰無く過ぎていた。

408年目にして、「ここが何なのか?!」  明確に標すことが叶い、
後世を意識した長老は 安堵の境地に達したことだろう…..きっと。

8年の時間は、一族全員の合意と、確証となる遠い過去の裏取り調査で、
四半世紀以上かけて 紐解いた古文書や過去帳の、再確認に充てられていた。

まさに、私たちは何処から来たのか? の世界観に感服してしまう。
この場合の「どこから? 」は、血筋的な意味合いであり、スピリットではない。
即身仏した先祖様は、どこから群馬に来たのか ?… に近い、ルーツ探求。

およそ30年もかけた甲斐あり、山梨県北杜市武川町〇〇と判明し、更に数百年遡り
今の苗字になる前の苗字と、ン? なことだが正確な家紋が判り…って困るんだけど。
黒留袖に刺繍した家紋も、数多ある提灯の家紋も、すべて変えなくちゃならない。

…というか、長老たちが奮闘している間に、
よそのどなたかが ウィキペディアに 柳澤菱という家紋を載せてくれていて、
最初のホームページの時に、既に使っていたけどw

電話占い・お祓い、厄除、開運祈祷と、ジャンル不問でいろいろ始めてから、
数年経ったころ、「なんで? できるのだろう?」 と素朴な疑問が生じてきた。

本来なら、電話占い専業となる前に湧くべき疑問符だが、
なぜか ? 始めたころは不可解なほどに 自己への疑問も不安もなかった。

電話占いの前に、銀座時代があり フツーに問われたら答えるスタイルで、
望まれれば視て、心身不調は治し…顧客様は健康で! 仕事も順風満帆でいてねっ !!
そしたら私の人生も憂いなしだわ♪ …そんな気持ちで、方向違いだが天然だった。

占いとか、そういう感覚ではなくて、今から思えば…
上々に運んだのは、守護霊様の導きによる、想念の力だったかも ?

即身仏された行人塚の先祖様のことは、
子孫の義務として(?) 常々あったものの、宗教的信仰心は…..
なかった。

宗教に興味もないから、密教の勉強などした記憶がない。
せいぜいが 親から 「うちは曹洞宗」 と言われて宗派は知っていたレベル。

記憶の糸をたどっても、勉強 ! とか、修行 ! とか、そういうのは無い。

母が独り言のように呟いていた内容は、物心つく前の話になる。
産まれて間もない私を、祖母が乳母車にのせ、朝から晩までどこかに ?
連れて行っていたとか…母はその意味を知っていたようだった。

母と祖母が実の母娘でなければ、大騒ぎになりそうな話だが…
母も他界した今では、もう知るすべもないが、何があったのだろう ?
3年間続いたらしいが、物心ついて ソレは終了したとの事だった。

今にして、ソレって何だろう ? と思うが、
生前の母いわく 「知ることよりも出来ることが肝要で、できるから ! 」
そんな暗号めいた事しか、当の本人たる私は知らないが、
生半可な知識は邪魔ということらしい。

徹頭徹尾で知り尽くすのでなければ、それは生半可 !
「そんな適当ならば、いっそ無知で無垢なほうがいい」と。

スピリチュアル系統の問いには、説教めいた答えしかもらえず、
次第に、自分の中に収納していった。

自己の中に在るものが、すべて行人塚と結びつくと解かったのは
比較的最近…まだ十数年。
母の私宛の遺品のなかに、即身仏した先祖様のことや 諸々が記された書物が
木箱に入って現れた。そういえば…..
行人塚のケヤキを蔑ろにしてはいけない !  と、病床でしきりと言っていた。

電話占いという形で密教秘術をしていることにも、
「血は争えないからねぇ」 と、またも謎々な答えだったが。

もっともスピリチュアル自体が、現代でもまだまだ謎々といえる。

電話占い専業となる半年程前から、身辺に不思議なことが起き始めた。

気になったパワーストーンの店に足を運べば、オーナーが視える人で、
「視ることしかできないけど、守護霊様は即身仏された方なんですね」と、
とっても自然体で言われて 「はぁ?」….無言….になったら、合掌された。

「価値観が おなじ子孫が 誕生するのを待っていた」

そう、おっしゃってますょ !  と言われ、気分スルーで苦笑しながら石を見てたが !!
極めつけの言葉が飛んできた。

「前世で甥御さんとは仲の良い姉弟だった。弟を殺された貴女は川原で自害した」

続く内容は、私が異様に可愛がる甥が 幼いころ私に語った内容と同一だった。

5歳位のときに、前世での最期の瞬間が やたらと夢に現れて眠るのが嫌だと…
夢の内容を訴えてきたことがあったが、それを初対面の人が口にした。

「大きな木の真下に躯はあるが、守護霊様になっている」 と 頭上を視てうなづいて
「伝えましたからね ! 」 と念押しされた。



山梨にある水晶専門のショップに行けば、女性店長が、
「どこの神社に行ってるんですか? 凄いオーブ !  行きたいわ私も。教えて ! 」 と
言われ 面食らったが、神社 ?… 初詣さえ何年も行ってなかった。

そのまま伝えると 「そんなはずない」 と激しく反論され…
「教えてくれてもいいじゃないですかっ?」 w

電話占いではないが 依頼があれば祈祷はしていたから、少し心が傷んだ。
「行かなきゃいけない? 信仰不足と責められてる気がする」w

いっけん何の関係もなさそうな一連の事が、私には、最後のパズルを埋めこむように、
行人塚の御先祖様へと、繋がっていった。

宗教への信仰心は持っているとは今でも言えないが、信心ならある。

即身仏するために千日苦行をした山は、五大明王を祀る羽黒山。
この霊山では、即身仏と成るは、不動明王様と同体となると記されている。

出家した理由は、もはや憶測の域を出ないが、
時代考証を試みれば、一揆が各地で勃発していた時期と重なる。

入定 (入滅)  したのは、羽黒山から戻った4月。

口伝えに聞いた母の話では、土を掘り、石室を作り、
空気口のみ開けて、石の蓋をかぶせた中で、眠らず食せず読経を唱え…
夜明と共に、小さな竹筒を通して 外から合図の水をそそぐ。

注がれた水に呼応して、存命であれば金剛鈴をチリンと鳴らす。
「鐘の音が聞えなくなったら、肉体は もうこの世に存在しない…」
完全に石で覆うようにと、後日の指示は出ていた。

21日程経ったある朝、竹筒から水を差すと…鐘の音は聞えず、その日が、
即身仏となった日…その後、ケヤキの木を植樹し、先祖祭祀元年となった。

収得していた密教の奥義は、一族の誰か? が、口伝えで受け継いだ。

以後、戦争など状況によっては規模を縮小しても 欠かさず続けている。

子供のころは、由縁など知らず、知らぬが仏とばかりに、恰好の遊び場だった。
大きな正方形の石が、鎮座していたのを覚えている。

傍らに大ケヤキの木があり、真横の階段を登れば、宝篋印塔がそびえていた。
左右には馬頭観音様と如意輪観音様が祀られているのだが、
お構いなしで子供同士、ケヤキの枝を持ちスリリングな遊びに興じていた。

かつては、現在の3倍の広さがあったから適ったことで、
寺の境内よりも楽しいテーマパーク♪ それが、行人塚だった。

突然言い渡された県からの 道路拡張を阻めず、無惨に縮小されたが….
400齢を超えたケヤキの樹の伐採は、「祟り」 を恐れて 請負う業者がいなかったとか。

5年前に、うちの行人塚を記事にしてくださった方がいたのを今年2月に知った。
一族という個人の管理下にあるので、昭和以前から住んでいる人でなければ、
「あの木、なんの木? 気になる木 !」 で、近隣を聞きまわっても知る由もないはず。

まずは、寺か県or市の管理下にあるのが、ほとんどだろう。

白黒写真で大昔の雰囲気を漂わせているが、かなり縮小されているのを見ると、
さほど昔ではないかも ?



帰省のたびに、ケヤキの写真を携帯でカシャ !  電話占い用の待受にしてる。



 

今年のGWにまた帰省しカシャっと撮ってくる。
ケヤキに触れると、手のひらがジワリ熱気を帯び、第三の眼がパカーンと明く。

行人塚は、電話占いで霊視はもとより、病気平癒や祈祷で開運する力を与えてくれる
マイ・パワースポット♪ 私には、どんな神社仏閣よりも頼みになる場所となった。

その象徴が、真下に即身仏様が眠るケヤキの大樹 !!
今年に入ってから、剥がれかけてる木皮を持ち帰り、江戸時代から長女に伝わる行李の
(本来なら花嫁道具だが、生涯未婚が約束故に) その上に仏像と伴に置いている。



 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]

ガンバレ双子ちゃん

2013年12月。帰省して、父のところへ向かった。

ひととき会話して そのまま帰るつもりが、ちょっと息抜きと、屋外の喫煙所へ。

1本吸って気分転換したら、「寒いから帰ろう」 と煙の行方を眺めていたら
半袖シャツのYさんが 所在なさそうに、ひょっこり姿を現した。

「タバコですか?」 と当たり前すぎることを聞いたつもりが、
「僕は、タバコ、吸わないんですょ」 と笑顔でボソッ。

「ん?…」 (なんでノースモーカーの人が喫煙所に?…寒いじゃん! )

12月の寒空の下、暮れなずむ時間に、ほかには誰もいない。

Yさんは各イベントでも父をサポートしてくれていて…
「いつ見ても笑顔で、挨拶ひとつにも温もりがあって、気持ちのいい人だ」と、
Yさんの話になると、父の顔には笑みが浮かぶ。

ほかの人の事を聞くと、いったん考えてから
……「まぁ、いいんじゃないか ! 」 と濁すのだが。

そのYさんが寒い屋外に突っ立って、5分もした頃ようやく口を開いてくれた。
「子供が欲しくて。妻も今回が最後のチャンス だと…」云々..(続く)

不妊治療は大変だと聞いてはいたが、既に長い歳月を費やしていた。

我が子が授かることだけを、必死の想いで望み、
「人生賭けてます! 」 という雰囲気は、霊視しなくても伝わってくる。

前年には、初めて成功したはず(?)だったのが、4ヶ月で、まさかの流産に遭っていた。

そして、数日前に 「これで、もう最後になる」 と大きく賭けに出たものの、
懐妊が、成功したか !  失敗したか !  は、しばらくの間は結果待ちになるのだと。

あの年の12月には、突然の話でもあり、深く理解はできてなかったが、
悲痛な祈りが、笑顔の裏に隠れていると……
その程度には、私にも分かっていた…らしいw

Yさんの心は、もはや 「神様仏様、一生のお願い !! 」 の境地に至っていた。

おもむろにバックから長い数珠を取り出して、
請われた訳ではなかったが、心願成就の祈祷を始めた。

電話占いから、久々の対面による密教秘法の祈祷。
吹きすぎる北風の音に、パワーMAXの真言が乗る。
真言にこもる力は、Yさんを媒体にし、母体へと光速でいく。

2人の小さな児の姿がボンヤリと、視えた。

Yさんには、「女の子2人かも ?! 性別は断言できないけど、成功ですょ」と。

年の瀬も押し迫った頃、「成功したんですよ」と電話があり、
なぜか ?!… お礼を言われた。特別な事ではないと言うのも憚られ口をつぐんだ。

今回は、電話占いの仕事ではなく、あくまでも個人的な気持ちでやったことだが、
朗報となれば、もちろん私も嬉しい。
あの寒い日のYさんの真剣な顔が、脳裏にタトゥされていた。

予定日は「8月〇日 です」と、
Yさんの歓喜は想像を超えていて、責任感が私を追ってきた。

安定期に入るまでは !  と、帰省から戻ってもメールをしていた。
(昼夜逆転してる私が、Yさんの空いてる時間に電話するのは至難だった)
電話じゃなくてメール…安定期まで ! ! これがメッセージの焦点を狂わせた。

7月某日、異変が起きた。
1ヶ月有余も早くに破水し、あまりにもな早産。しかも、双子。
2人とも超未熟児で この世に生を享けてしまった。

Yさんから、双子ちゃん姉妹の写真がさっそくメールで届いた。
写真を霊視し、エネルギー投入を試みた。

今は命に別状なくても、潜在的な病の恐れも視なくては…!
異常が疑われたら、そこに集中してエネルギーで調整していく。
(まさに、倍速で成長してもらう。胎内ではなく保育器のなか..環境は違うが道がない)

双子ちゃんの小さな妹も、コスモスの花が咲く頃には、無事退院した。

Yさんの嬉々とした電話と、共に、大アップの可愛い写真も届いた。
退院は喜びだが、もしも ! を考えると不安にも…という複雑な心境も理解できる。

「元気いっぱいですょ? ! 小さな妹ちゃんは好奇心もいっぱいで楽しみですねぇ♪」
と言うと Yさんは、
「そうなんですよ ! 目をキョロキョロさせて、反応を示すんですよ」と。

一足先に退院したMちゃんが成長したのち 読書にいそしむ姿が視えることも、
1kgで産声あげたSちゃんは…陸上競技が好きなようで校庭を走っていると、伝えた。

視えたまま、視えた状況を伝えたが…..内心「なぜ?」 という一般常識の声に、
邪魔されかけて、無視した。生来の能力は、統計の中に嵌められない。

それを示唆するように、双子ちゃんの名前は 姓名判断による命名でなくても、
総画・天画・人画・地画・外画・内画・陰陽の組合せも、すべてが吉運数 !

小さく生まれたけど、大きな運勢をヨイショと持ってきたようだ。
まるで…
「パパ、ママ♪ 待たせちゃってゴメンネ。今後の活躍を楽しみにしてねん」とでも
言ってるような。超未熟児でも全然問題ないよー…成長はこれからよ ! って感じ。

先日は、わが父が、双子ちゃんを笑顔で見ている写真が届いた。w(*0* )w

Yさん夫妻から、美味しい 甘味のプレゼントをいただいて、開けたら…
熨斗が、目に飛び込んできた。
「 感謝 」と印字してあり、下には、双子ちゃんの名前が…記されていた。「oh !」





親心って凄いなぁーと思いながら、ハタと気づいた !
そっか !! 双子ちゃんだって風邪引くこともある…そっか !! 治せばいいのね♪

今度 帰省したら、お顔を見て、
「なにを今生でしたいの? 」 と双子ちゃんの魂に聞いてみよう。大真面目に !

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]

ガムラン

バリ島の楽器・ガムランがやってきた。

音楽を聞くのは好きだが、楽器を扱うのは苦手で、

小学校時代からのトラウマ状態にいた…わたしが、

なぜか ?…楽器と名がつくものに手を出した。


「ガムラン」を探していた訳でもない。

ただ…なんとなく…琴に触れてみたい衝動に駆られ、

数日経っても、琴の弦をつまびいてみたい! 欲求が収まらず、

ネット開いて覗き見してたら、あるサイトに辿りついた。

そこにあったのが、ガムランだった。



「ガムランて、なに ?」 と試聴ができたので 片っ端から聞いて、

1つのガムランに、耳が釘付け(?)…耳じゃなく心かも ?!

になり、そうなった自分に驚いた !!

楽器と聞くだけで、それは聞くものであり、

みずから弾くものじゃないと長年決め込んできた。

ガムランを試聴したら、琴への気持ちが消えて

「音楽してみたい」的な気持ちになり、使い方も分からないけど

枠に嵌める必要ないじゃん ! 好きに叩けばいい♪ と入手。

数日して やってきたガムランを早速 叩いてみた !!

試聴のときは気づかなかったけど、

「なんだ、このスピリチュアルな音色はっ?! 」 となり

シンギングボールと比べてみても 劣らない。

体が、ジワ~っと暖かくなり…軽くなった。

これは、電話占いで使える ! …瞬間的にそう感じた。

一応、裏付けが欲しいかな? と調べてみたら、

耳には聞えない高周波が含まれ、それを体の細胞が聞き、

免疫力UPに、不安の除去~アンチエイジングまで

多岐にわたる効果が、既に立証されていた。

潜在意識も開けば、そこに「ダメ」は存在しない。

煎じ詰めれば、それは、祈祷で成就の世界も格段に広がる !

モーツァルトがα波音楽として有名だが、

バリ島の楽器は全般的に、それを凌駕するらしい。

知識的な事は後から得たものだが、初日から納得できてしまう。

因みに、○○ヘルツか ? で効能が異なるため、

そこだけ霊視して、チャネリングで周波数を合わせてみるとか。

この段階で、すでに、ガムランは楽器ではなくなり、

ヒーリングツールになっていた。(楽器じゃなかったのね・汗)

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]

事例集を書くにあたり

電話占いの事例集は、

現実にあったことを、そのまま書いている が、

どれも、類似例が、少なからずある例題を思い出しながら書く。

※(当事者であるお客様の許可を頂いて) 。



だけど、たまーに ! 超レアなケースもある。



レアな例題というのは、

電話占いの取り扱い事項から 離れているような内容が多い。

例えば、
・「彼女を殺した犯人を捜してほしい。殺された現場を透視してほしい」

・「末期癌で余命1年と言われた。治してほしい」

・「高校生の娘が家出して、手をつくして捜したが居場所が分からない。見つけて!!」

・「同棲していた婚約者がいなくなった。来月挙式なのに。居場所を突き止めて」

・「人身事故を、対物事故となるよう先方に霊的お願いをして、結果を出してほしい」


そのほかにも色々とあるが、

殺人事件の依頼には、 「は! ? 」…唖然 ! となった感覚を、

今も鮮明に覚えている。

鑑定後に言われたのが、

「県警と同じことを言うとる。ヤツがやっぱり犯人なのか !!」と必死の声だった。




末期癌で余命1年を完治させて ! というのも、確約ができるものじゃない。

でも、依頼を受けた以上はヤルしかない訳で…

お祓いは徹底的にして、

エネルギーを「これでもかっ!」と入れ 自己免疫力UPに努めた。

入院して、もう1度検査したらナイ ! ということで、即退院したとのことで。


叶っても、してるコッチが「マジ?! 」となる案件。

これって「電話占いなの?」と毎度聞かれる…

名称はともかく…「結果でしょ!? 」と答えてる。

1つや2つしかない事例は、やはり書くべきではない気がして、

ある程度、まとまった件数の物を書いている。けど….

ふと、思う。

諦めて疲れて、可能性があるならと

探してくれている人も、いるかも? と。


新規でお電話くださる方の中には、

全国行脚で アチコチへ…….

祈願祈祷・病院に~神社仏閣まで行ったが思わしくなく、

「ダメモトでも」と、最後の最後にお電話くださる方も多い。


今後の事例集の方向性を見直してみたいと思っている。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]

会員様プレゼント 電話占いの聖庵

電話占い聖庵・会員様プレゼントに、

神カード(3D) を追加しました。

でも、写真だけでは、これは…
きっと意味不明になりそう ! ?

なのでライトに説明を !!

● サラスヴァーティー  (和名:弁財天様)



弁舌・芸術・才能・財運の女神様。

「銭洗い弁天」とか、「弁天様」の名で馴染んでいる。
なんといっても、七福神のうちの唯一の女神様。
芸術・才能開花にも、縁が深く、惜しみなく助けてくれる。
もちろん ! 金運系にも、御縁が深ーい。

● シヴァ神


創造・維持・ 破壊の重要な3つのうちの、
汚濁してダメになったものを破壊する神様=強力 !

日本の不動明王様とチト似てるところは、
邪気を祓い、病気を治し、幸運を与えるくれる♪

ご利益的なことを述べると、もうぅ数え切れないかも?!

● ミーナークシ神


幸運を与え、病気から守る力に特化している。
魚の目をもち眠らないで加護、強力なパワーの女神。
南インド・ マドゥライには、17世紀に作られた
「ミーナークシー・スンダレーシュヴァラ寺院」がある。

どんな願いも、それが、その人の幸運なら、
授けるという寛大で強ーい女神様。

● ドルゥガー神


戦いと勝利の女神。
手には、ありとあらゆる武器を携え、負け知らず。

悪魔達の王、マヒシャが神様を制圧しそうになった時、
シヴァ神を中心として神様たちは自分たちの持っているパワーを一点に凝縮!

そこから生まれたのが、ドルゥガー神。
以後は、いかなる戦いでも、圧倒的なパワーで、悪を制圧した。
(生霊の悩みには打ってっけかも ! ? な女神様)。

● ガネーシャ神


三千世界を世のため人のためと駆け巡るインドの神様。

気性が元々は荒かったが、妻の十一面観音様に、
「あなた ! ちゃんと仕事しなきゃ結婚してあげないわよ」と諭され、
愛妻家で恐妻家のガーネーシャ様は、強大なパワーを爆発的善用 !!

日本では秘仏として寺院にあるが、一般公開は…
その姿というか、愛妻してる状態の仏像様ゆえに滅多に公開されない。

富を司る現世利益の神様として、または学問の神様として祀られている。
特に、仕事やお金に関しては、ありがたーい神様。

● ラクシュミ神 (和名: 吉祥天様)



美と富と家族円満と幸福を授ける女神様

神様たちが不死の薬「アムリタ」を作り出すために世界創造した
海の泡から生まれた女神様は、アンチエイジングOK !
富貴については、財運の川…そこにいらっしゃる…らしい。ので、
富の川に身を投げればザクザク財運♪と、インドでは盛大に祭られてる。

電話占い聖庵のホームページで、写真をクリックしていただくと、
ボンと拡大しますので、細部もご覧いただけます♪

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]

電話占いの縁は絵画に

電話占いという仕事をしていると、

「ご紹介」という ありがたいご縁もあり、

Y様のご紹介で、小田様に繋がり、

エナジー絵画にも触れさせていただいた。

 

具象画は、写真みたいで想像力も湧かないが、

小田様の 絵は、

スピリチュアル・アート♪

宇宙のエネルギーが入ってる。

パワーストーンもそうだけど、絵画も !

パワーが溢れていると惹かれてしまう。

ジーッと眺めていて…

「やっぱり欲しい !! 」で購入。

それが、この作品♪


実物は、もっともっと遥かにパワフルで、煌々としている。

不思議だけど、眺めていると、エネルギーのシャワーが瞳から入る。

バイオレットシルバーコードがPCでは確認できない。

小田様は自動筆記的に描いてて、

どんな仕上がりになるのか、仕上がってみて

初めて知る ! …のだと。

それが、スピリチュアル・アート !  と納得♪

絵画もパワーストーンも、皆、人と同様に生きている。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]

ラクシュミ女神

ヒンズー教の神様・ラクシュミは、

アセンデッドマスターの一人(一女神)。

日本では「吉祥天」と呼ばれている。

吉祥天様は、昔は七福神のお一人だった。

もっともインドの雰囲気とは全然異なるけど….

こんな感じに。おごそかというより、賑やか。↓ 中央がラクシュミ神。



ご利益は、まぁ幅広い♪ 授けて頂けるのは、そりゃもうありがたい♪

けど、ナニゲに欲張っちゃぁダメですよね?…と聞きたくなるほどに。

 

1. 富みを引き寄せザクザク財運。
2. 愛する人と繋がる。
3. 理想的な仕事をみつける。
4.  問題に当たっては、創造的な解決策を見つける。


豊穣の女神、ラクシュミは、ポジティブな発想をする者には

そのように流れを創り、

ネガティブな発想をする者には、また、同じく !

そのような人生の流れを創る。


つまり、良くも悪くもとなるが、

願う人が、心に描く 無意識かもしれない状態を具現化する。

しかも、たっぷり~~と !!

電話占い聖庵が願ったのは、唯一 !  ラクシュミ神の持つ魔術の力♪

これを伝授して~~~!!! と、

鑑定中は、もとより、

お祓い・エナジーチャージ・祈願祈祷の際に、短時間で (^人^) と、

またも求めてしまったぁ~…大きなラクシュミ神 !!


左手と右手の在りかたに、「オォーッ!」と…気づいた。
これって…電話占いにはいる前の、私の手のポーズ。


左手はエネルギーの受け手。

右手は、対象者となる人へ向ける、エネルギーの出し手。

こんな感じで、クッキリ。。

↑↑ 6kgのブロンズ。

 
そして、ピンクの蓮華坐がお好み。

左にはサラスバティー・右にはガネーシャ

がいれば、最強のパワーを発揮する。


サラスバティー は、日本では弁財天様となる。

ガネーシャ神も、財運系に強い神様で、シバ神の息子(…かなり強い)


なんとなぁーく惹かれて、6kgは さすがに持ち運べないと、

スモールサイズのも♪ 現物は可愛いく神々しいのだけど、
写真写りが、ピカピカ光るせいで、ん~~! になってる。

惜しい!!!  こんな写真に。↓ 115g だから掌に乗せて「念」でお話♪馴染むのです。



では、

和名: 弁財天様=才能・弁舌・財力の女神であり、

必要とあれば、「エイッー!!」と闘いにも臨む…頼もしき「女神様」♪

真言唱えて、お願いすれば、自ら戦ってくれて、助けてくれる!!

こちら↓↓ がインドの弁財天様(?)…サラスバティー様。



 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]

Copyright (C) 2015 電話占いの聖庵 All Rights Reserved.